茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皆様ありがとう 

病院から帰ってきましたら、皆様からのコメントがたくさん届いていました。

私の母の具合を気にかけてくださる方
愛するワンちゃんの病床を優しく見守っておられる方
ペットの命について温かいコメントをくださった方
銀の鬼や私の作品を応援してくださる方達
茶木風ミステリーカフェが終了してしまうと、「マダム・ソレイユ」をこれからどうやって読むのかという質問をくださった方
本当にありがとうございました。


家族として暮したペットとの縁はずっと続く…というのが私の信念です。
死は…新しく生まれるためにあるものだと、私は信じてる。
生命についてわからないことは無限にあり、何の証拠もないけれど、
ただ、意識は消えても、無意識は消滅しないものだと思う。
自分を愛するものをどこかでは絶対に忘れないのだと思う。



「マダム・ソレイユ」のご質問ですが、あれは皆様のPCにダウンロードできるのではないですか?
なんて、私のほうが質問してるみたいですね。

スポンサーサイト
[ 2009/03/30 17:33 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

胸に迫るチェリーブラッサム 

病院の周りは桜だらけです。
毎日少しずつ変化して来て、今三分咲きという感じですね。
このところ毎日花見をしながら帰宅しています。

実は18日から母が入院しました。
遂に3回目です、救急車に乗せていただくのも!
でも皆様、心配などなさらないでくださいね。また骨折なんですから。
ただ今回は大腿部骨折なので手術をしました。
手術そのものより、麻酔が高齢者には危険だと伺いましたので、少し緊張しましたが。

今は病室のベッドで元気に?寝ています。
これから先どうなっていくのか、まだ何もわかりませんが、なるようにしかならないので、どんとこいです!


掲示板時代から投稿してくださった読者の方の、
お子様の一人とも言えるワンちゃんが今、重い病にかかっておられるというコメントをいただきました。
ブログでお写真も見せていただいたことがありました。
あのかわいい小さな子が…。
読者の方がどんなに大切にしていらしたかを私は知っています。
そのお気持ちを思うと今は言葉もありません。
小さな命に一杯いっぱい愛を送らせてください。



皆様、私の作品とブログに応援のコメントをありがとうございました。

[ 2009/03/29 18:04 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

皆様へ 

私の電子コミック作品についてのコメントや応援コメントをいただきました。
ケータイ銀の鬼をお読みくださった方々、マダム・ソレイユの感想を聞かせてくださった方、鬼を殺さないで…と言ってくださった方、本当にありがとうございます。

私も本当に「マダム・ソレイユ」と「変な探偵」は、騙し絵世界のつもりで描きました。
評論家の切通理作先生も「変な探偵」を、そのように受け止めてくださったようで心底嬉しかったのです。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/081025/gam0810250759000-n1.htm

読者の方が、女性漫画の精神世界という新しいジャンルをみたような…と言ってくださいました。
ほんとにほんとにありがとです!



さて突然ですが、ちょっと事情がありまして、
しばらくの間ブログを今までよりゆっくりしたペースで更新させていただくことをお許しください。
でも「銀の鬼」の新作電子発売情報は必ず伝えさせていただきます。

[ 2009/03/18 18:47 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

カレーの後に大福ふたつ 

皆様、楽しいコメントをいつもありがとうございます。
私はこのところずっと真面目に(?)電子コミックや漫画本とのお付き合いを続けています。
電子コミックは今で83冊購入しまして、せっせと読破しているところです。
時間がもっとあれば、とっくに100冊なんて超えているのでしょうが。
残念です。
わんこそばじゃないんだから、そんなに急ぐことはないんですよね、アホですね。


私へのご質問で、カレーパンの後におしることか、とにかくカレーの後にあんこ系のものを食べたことがありますか?というものがありました。
あるも何も、私はカレーの後に大福という組み合わせが大好きで、今までに何百回食べているかわかりません。

若いころはカレー三皿と、あるだけの大福を食べましたよ。(睡眠不足でない時にね)
でも今は食欲落ちました。まあ、そのほうが健康のためにはいいんでしょうけどね。
カレーは一皿しか食べられなくなりました。その後の大福もふたつしか。
残念です。

[ 2009/03/13 16:00 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

バースデーケーキ 

今日は母の誕生日です。
苺とブルーベリーのデコレーションケーキでお祝いしました。
さすがに歳の数というわけにはいかないけれど、何本かロウソクも立てまして、
そのうちの1本を何とか吹き消せました。
でも、小さいサイズのケーキではありましたが、私と半分ずつに切り分けたのを力強く平らげてました。

私の甘いもの好きは親譲りです。
母だけではなく、父もです。
私は父をほとんど知りませんが、ケーキを食べながらウイスキーを飲んでいた人だそうです。
青い鬼みたいですね。

******************************************************

前々項目”メールの件”に応援のコメントをありがとうございます。
本当にうれしいです。ありがと、ありがとー!

******************************************************

皆様、母の誕生日にお祝いコメントをいただきまして本当にありがとうございました。
母に伝えましたら、嬉し泣きをしておりました。
うお座のせいか、もともと涙もろかったのが年をとるごとにエスカレートしてきています。
スポーツ万能で健康優良児だった母も寄る年波には勝てないようです。

ケーキは~~えへへ、私の手作りじゃありません。ケーキ屋さんで買ってきました。
お寿司もお赤飯もみんな買ってきたものでーす。
私が作ったのは、おみそ汁だけですの。ほほほ…
なんてやつなのでしょう。

[ 2009/03/07 23:57 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

「銀の鬼」創作秘話3 お菓子の家のモデル 

いや~オーバーなタイトルですねえ、秘話というほどのものじゃないんですがね…。
十年さんの“お菓子の家”は本当にあった建物を描いたのです、というお話です。

私は京都市内の観光名所にはあまり興味がなく、ごく普通の街中をぶらぶらするのが好きなんです。
和風と洋風が混ざりあって独特の趣を持つ家やお店などを見つけた時に思います。
”おお、これが京都ぞ!”と。

ある素敵な美容室を見つけた時はかなり感動しました。
それは京都らしい黒塗りの壁の和風建築の小さな店だったんですが、
黒い看板にひらがなで…

ぴんく

と、ピンク色で書かれていました。横に小さく”美容室”と添えて。
もし下手なやり方をすれば悪趣味にもなりかねない、ミスマッチの見事な成功例だと思いました。
京都の粋なセンスを見せてもらった気がしました。

あ、十年の”お菓子の家”のモデルとなった建物の話でしたね。
そうです、その建物には、美容室ぴんくを見つけてから程なく出会いました。
ミントグリーンの壁、さりげない洋風の玄関ポーチ、二つの窓…。
冬だったので薔薇はありませんでしたが、初夏であればもしかしたら、
砂糖漬けチェリーのような薔薇が咲いていたのかもしれませんね。
でもその看板には意外な名称が書かれていました。

○○○○保健所

なんと素敵な保健所だったでしょう!
多分、分室だったのでしょうね。小さな小さな保健所でした。
そこにも何だか京都らしさが、普通の京都らしさが溢れてるようで、私はすごく感動したものです。

そうなんです。
十年の“お菓子の家”は、京都で出会った素敵な保健所だったんです。
…でも木造だったから、今はもうないでしょうね…。
十年の家のほうは、しぶとくしぶとく頑張ってますけどね。

********************************************************


皆様、コメントをありがとう!
確かに十年のお菓子の家に住んでみたいものですよね~。
でも犯罪が多くなってきた今日では、住みたいと言うより、
ディズニーランドのようにパーク内にさりげなくアトラクションとして存在してればなあ…なんて夢を見たりします。すごくすごく贅沢な夢ですよね。
でも夢見るのは楽しいです~。

[ 2009/03/02 21:58 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

「お幻さま」の本の件です 

「お幻さま」についてのご質問、ありがとうございました。

実は2年ほど前に、「お幻さま」や「悪徳の栄え」を復刊してくださるというお話を
ある出版社様からいただいたのですが、私としてはまだその時期ではないと考えました。
もちろんどれも好きな作品ではありますが、正直言って、まだ冷静には見られないのです。

私の旧漫画家時代は、「銀の鬼」でエネルギーを使い果たしてしまったような気がしています。
そして「銀の鬼」は本当はまだ終わってないと、心の底では思っていたのでしょう。
もちろんそれ以降の作品も、その時は全力で描いたつもりです。
でもやはり、それから三作で描くのをやめてしまいました。
もっと力をつけるために…。


そして今は電子出版の世界で「銀の鬼」の続編を描かせていただいております。
大変幸せなことだと感謝する毎日です。


そういうわけで「お幻さま」は、今まだ中古本のみです。
私に著作権料が入るようにとまで考えてくださって、本当に感激で胸が一杯です。
お気持ちは大変ありがたくいただきました。
私のブログを見つけて訪問してくださったことを嬉しく思います。


皆様、いつも温かいコメントをありがとうございます。元気をいただいております。
[ 2009/03/02 03:31 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

儚げな鬼 

ある方がおっしゃってくださいました。
銀色が幻想的で儚げで、十年には合っているという意味のことを。
本当はもっと長くて素敵な文章で、私だけ読ませていただくのがもったいないですが。
ありがとうございました。


私は…鬼は”恐怖と悪”の象徴で、白い雪は”純粋な愛”のイメージだと感じ、
「白い鬼」というように正反対の言葉を合わせることで、実に鬼らしくない鬼をつくろうとしたのでした。
だから「白」にこだわったんです。

でも、そうですよね、雪には”儚げ”なムードもありますよね。
儚げな鬼…というイメージは、なんて十年に合っているのでしょう。
それに考えてみれば、愛もまた儚げなものかもしれませんしね…。
だからこそ皆が求めてやまない尊いものなのでしょう。


幻想的で儚げ…という色は、確かに銀かもしれませんね。

[ 2009/03/02 01:03 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

酒嫌いの十年 

前項目の「銀の鬼」創作秘話は、皆様のお気に召していただけたようで嬉しく思います。

丹後まで行ったのは、大江山の酒天童子伝説について調べるためでした。
神便鬼毒酒による鬼退治はあまりにも有名ですよね。

その伝説から私は考えました。
退治されてしまったのは酒好きな鬼だけだったのではないか?
そこにもし、酒に興味がない甘党の鬼がいたとしたら、逃げ延びたのではないかしら?
そして今でも生き続けているかもしれない…と。

それが島影十年なんです。
彼のその後は、いやがうえにも甘党になったでしょうね。
お酒など一滴も口にしなかったでしょうね。
甘党だったおかげで命が助かったんですから、甘党万歳!ってな気持ちだったでしょうね。
…まあ、その大好きなお菓子の中に鬼毒酒が仕込まれる未来が来るまでは…ね。

えっ…青い鬼?
彼は甘辛両刀使いだったんでしょうねえ。
お餅やアメをつまみながら、お酒(鬼毒酒)をちびちびやっていたら、仮死状態になってしまったのじゃないかしら?
それで十年が担いで関東まで逃げて来たのでしょうね。
鬼が本気出せば、まあ一晩で着いちゃったでしょう。
それでもやっぱ蘇生しなかったので、青い鬼を野原にでも埋めておいたんでしょう。
そこがその後何となく墓地になっていった…と。(いい加減ですねえ~~~)


-続く-

嘘かも

[ 2009/03/01 19:51 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

雪の鬼 

以前掲示板に書いたことがあるのですが、「銀の鬼」は最初「白い鬼」だったんです。

でも…「白」という色がいろんな問題を含んでいたようで避けることになり、「銀」に決まりました。

なぜ「白」にこだわったかというと、十年のイメージは雪の中から生まれたからでした。

29歳の終わり頃、次は鬼作品を描こうと決め、京都の奥の西舞鶴まで資料を探しに行った時のにわか雪の中から…。

それは何分間か目の前が白一色になった程でしたが、やがてスッと消えてしまいました。雨に変化することもなしに。一瞬の大雪という感じでした。

そこで確かに私は”何者か”の存在を感じました。

孤独な自分が生み出した幻想なのかもしれませんが…。

とにかくそれが島影十年創作の原点です。



…あれから23年です。

私はまだ、その雪の中の何者かの謎を解けずにいます。それが私の「銀の鬼」です。

このブログタイトルを「雪が降る」とした理由も、もうお分かりですよね?



続編の構想もだんだん形作られてきました。

もうすぐ描き始めるつもりです。


[ 2009/03/01 01:38 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。