茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 


*****************************
「銀の鬼」最新作は今124枚進行中です。まだ増やすかもしれません。
体調のすぐれない高齢猫も心配ですし、いつ頃出来上がるかはわかりません。
皆様からコメントをたくさんいただいているのですが、しばらくの間コメント返しもできないかと思います。本当にごめんなさい。
いつも力づけられております。
ありがとうございます。

******************************
皆様、温かいコメントありがとうございます。
作品のことや、私のことや私の猫のことまで心配してくださって本当にありがとう。
締め切りがないので今みたいな時は助かります。
できるだけのことを福にしています。
福が一番欲しがるのは私とのスキンシップなので、体に無理がない程度にさすってやっています。
すると何だかどんどん眼がきらきらしてきました。
少しは食べるようになりましたし、お水も飲んでいます。
一日一日を大切に見守ります。

私は雑誌に描かせていただいていた時代、いつもこのことを恐れていました。
猫たちの具合が悪い時と、締め切りが重なったらどうしようと。
あまり世話してやれなかったらどうしようと。
でもそのころは飼っていた猫もまだ若く元気だったので、そういうことは味わわずに済みました。
雑誌をやめた後の長い年月で、5匹の飼い猫と、
家に迎えるつもりで10日間世話をした庭猫のルル
(ひどいトラウマのため、結局つかまえることができませんでした。病気だったようで10日目の夜苦しんでいました。獣医さんも長く待っていてくれたのですが、どうしても、餌に眠り薬を混ぜてもつかまえられませんでした。11日目の朝姿を消し、不安な気持ちで探していた私の前に再び現れて、傷ついていたしっぽをピンと立てにっこり笑ったような気がしました。安心して餌を取りに家に入って、出てみるともういませんでした。あれはルルの最期のご挨拶だったんだと思います)
の6匹を天国に送りました。

今一緒に暮らしているすべての子を幸せな気持ちで天国に送り出したいというのが私の願いです。
どのように生きたかが、どのように死ぬかにつながると思うから。
それは切っても切り離せないものだと思うから。

それでも別れは辛かった。いつもいつも。
立ち直れないほど辛い時もありました。ルルの時は特にそうでした。
庭にやってきた時、しっぽを焼かれていて焦げていたんです。
誰かに捨てられ、どこかで虐待を受けたのでしょう。
今の動物虐待、弱い者いじめの始まりのころだったんでしょう。
世の中は本当にどんどんいじめ体質になっているようです。壊れかかっている…と思います。
きっとみんな弱いのでしょう。弱い者がいじめられ、またそれより弱いものをいじめていく連鎖が止まらないんでしょう。
そんな中で自分はどう生きたらいいのかと考えるたびに虚しくなる時もあります。
自分も弱い一人間ですから。
そんな日々ですが、ただ自分にできるだけのことはやっていこうと決めています。

今本当に締め切りがなくてよかったと、そういう条件のもとに生きることができてよかったと、心底思っています。
昔願った思いはかなっている気がします。
長く書き込んでしまいました。
皆様のお気持ちありがたかったです。
では家族の所に戻りますね。

****************************
7月31日夜11時過ぎです。
昨夜の上の文章は、読んでくださった方たちを悲しい気持ちにさせてしまったままだと気づきました。ごめんなさい。私は猫の本などで悲しい投稿を読むと辛くて、ずっと残ってしまうほうなので…。

いえ、それがですね、ミステリーカフェ掲示板時代から訪問してくださってる方達はご記憶にあるのではないかと思うんですが、そのトラウマ・ルルは再生したんですよ。
何の証拠もありません。ただ私がそう信じているというだけ。信じるしかない位不思議なことだというだけ。
ルルが消えて二十日後の、6月の最終日に、我が家の前の川に3匹の赤ちゃん猫が投げ捨てられました。その子たちは私が行くまで何十分間も川底の崖にしがみついて頑張りましたとも。
近所のおじさんたちが協力してくれて、助け上げました。
全力疾走で獣医さんに走って走って行くうちに、鳴き声がやんでしまった時はヒヤリとしましたっけ。
当時私はまだ37歳。その間家で獣医さんに電話連絡をしてくれてた母もまだ元気で、二人とも若かったんですね。あんな風にはもう走れません。
“眠らせましょう”という獣医さんに、必死で頼んで助けてもらいました。

三匹とも今でも元気です。
その中のココは顔、スタイル、かもし出すムードがルルに非常に似ています。
少し育ったころ、ある日廊下で何気なく横向きに振り返ったココを見た時、ルルだったんだ…とやっと気付きました。
”呼んでくれたからアタシ来たのよ”と言ってるような、しみじみとした、悟りきったような表情をしたんです。
でももしかしたら、あとのモカとパトもルルの一部なのかもしれません。
ルルは三つに分裂したのかもしれません。

ルルが消えたあの日から二十日。そして獣医さんは3匹の年齢を生後2週間だとおっしゃいました。
不思議と言えば不思議なタイミングだし、いや、ただの偶然の一致だと言えばそうかもしれません。

ただ、私は信じてるだけなんですよ。ルルは我が家に入ろうと決めて、まず天国へ行ったんだと。
そして別の命として新生したんだと。
ごく自然にそう思うだけなんですよ。

「桃の花の失踪」という作品はその思い出の副産物かもしれません。
スポンサーサイト
[ 2009/07/28 16:02 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

魔法の仕掛け 

読者の方が、銀の鬼のエピソードで「押絵と旅する男」がモチーフになってましたね、面白かったですよと言ってくださいました。
いや~すごいですね。よくお気づきになりましたね。

そうですね、おっしゃる通りかもしれません。
銀の鬼目覚めで本の絵の中に飛ばされた少女ってところは乱歩の「押絵と旅する男」の影響もありますね。
スティーブン・キング「ローズ・マダー」の影響も受けました。


でも、そうやって二次元を定員オーバーにしてしまったら、同時にこちら側にも
やって来る者があるはずだというのが純粋な私の発想です。
ある意味で強く望んでいる存在が来てしまう!というね。
思い出すな、思い出すな…と十年はそのころ強く念じてしまっていたんです。
千年前の五百部の存在をね。
だから紫の少女と交換されるように、そいつはやってきてしまったわけです。

そしてそれは神罰でもあります。
せっかくの自分たちの不思議な力を、半ば腹いせのために使ったからです。
十年をコントロールすべきだったふぶきも、愛の弱気にとりつかれていた時期でもあり、また同時に無意識にある紫の少女への憎悪を払いきれなかったから抵抗できなかったんでしょう。

だからその後十年とふぶきは、邪悪の五百部の現実化した存在である風祭によって翻弄され、限界まで愚弄されていきます。
そしてついにカタストロフィーが…。

というのが今発表されている巻までのあらすじです。
さあ、十年とふぶきの愛は神罰を乗り越えられるでしょうか?


私はそういう奇妙な仕掛けを考えるのが大好きなんです。
今作画進行中の新作にも、また違う意味での奇妙な仕掛けが出てきます。
銀の鬼はそんな魔法のストーリーだと思ってください。





**************************************
ゅ・・ラ様
銀の鬼目覚めを読んでくださったなんて感激です!
旧銀の鬼を楽しんでいただけた事は教えていただきましたが、目覚め編になりますとどうかしらなんて心配もしていました。
違和感がないと言えば嘘になるかもしれませんからね。
以前ある方が言ってくださったんです。旧作は夢の世界でストーリーが進行してるようで、そして新作は現実の世界に主人公たちが出てきたようですと。
そういう意味では夢夢しさが欠けているのかもしれないな…なんて私も思ってみたり。
うん、でもね、これからまだまだいろんなムードが出てくると思います。
ドラマはまだまだこれからですから。
でも十年を大好きだと言ってくださってありがとう!

Y様
おめでとうございます!チーズ勝つ(カツ)、おいしかったでしょうね。
私も勝つをいっぱい食べてカツぞ!
ん?

[ 2009/07/17 15:39 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

ポウの黒猫 

>罪の苦悩シーンを一切描かなくとも、それは自ずと滲み出てくると思うんです。そういう表現法もある。
これは私が前々項目で書いた言葉です。
そのうってつけの例に近い名作を思い出しました。

尊敬するエドガー・A・ポウの「黒猫」です。
主人公である語り手の男に罪の苦悩シーンが全くないというわけでもないんですが。
涙を流しながら…とかいう文章もあるにはありました。
でもやったことの壮絶さの割には淡々とした表現です。

とにかく男はすごい罪を犯します。
そしてほとんど苦しんでいない。罪悪感がない。良心というものが見当たらない。
それはラストまで続きます。
表面上は苦悩していないんです。

でもとんでもないオチが待っています。
皆様もきっとご存じだろうと思われる、あの名場面です。

彼は自分からわざわざ………… (未読の方のためにバラしません)

そこが人間というものの不可解さ、複雑さの見事な表現だと思いました。
壁の中から聞こえてきた黒猫の声は、いったい何の象徴だったでしょうか?

彼の…。





私はそこに象徴主義的な表現法を感じます。
やはりポウはすごい。すごすぎる。
尊敬する事しか出来ない私であります。
くすん。




************************

…ミ様
ポウの「モルグ街の殺人」が世界初の推理小説と評価されているという点だけ見ても天才と言えますよね。
私は全集(日本語訳)のほとんどを読んだことで、日本の漫画家にも多くの影響を与えているのだと知りました。
ポウ好きなあなたは御存じでしょうが、その生涯は天才にありがちな苦悩に満ちたものだったようですね。
名作が生まれる約束事なんでしょうかしらね。
明智小五郎が好きだなんて素敵ですねえ!
ちょっと欠点なさすぎの人って気がして緊張しますが。
「D坂の殺人事件」の完璧な推理世界は冷徹なまでに胸に迫ってきました。
江戸川乱歩は推理物も素晴らしいけれど、幻想小説の「押絵と旅する男」が無性に好きです。
現実と幻想がうまく溶け合って、温かく愛しい世界が手に取るように描かれていましたね。
やはりいいですね、ミステリーは。
後ね、亜愛一郎とかさ…。ああ~どこまでも続きそうなので、このくらいにしておきます。
最近ゆっくり読む時間がないのが寂しいです。映画も行きたいのに。
あなたがうらやましいです。

[ 2009/07/16 17:46 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

辛かった一日 

前項目を書いたのは、ちょっと辛くて一日原稿描くことができなかったからかもしれません。

救いのない、弱い者虐待の漫画を読んでしまったから。
権力が男たちの集団暴力を許しているというストーリー。
弱い者とは少女。親のない少女。

いやだいやだ、男たちはどんな状況であれ、なぜそんなことができるんだ?
創作物はその世界の中では、ストーリーは現実だ。

作品批判ではない。作品は自由だから。
ただその中に描かれた男性達というものが嫌だ。
登場人物に聞いてみたい。
そんな事が何故楽しい?
強い強い大きい大きい者が集団で、弱いたった一人の小さな少女を、完全な閉鎖状態で押しつぶしていくことが。
楽しいなら、何の理由があるのかと。

答えは…
”男”だからか?




なぜ弱い者を押しつぶす?
逃げ場を閉ざしたままで。
いつまでもいつまでも。



[ 2009/07/14 03:50 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

人を惹きつけるということ 

突然ですが、知人から“人に好かれる方法”ってあると思う?
なんて聞かれてしまいました。

情けないことをお聞きだね…。
方法なんて考えてるうちはだめなんじゃないかなあ、なん茶ってね。

最高の魅力は、そういう意識をしない時ににじみ出るんだと思う。
それが本物だよ。

でもまあ、私なんかが言えることがあるとしたらね…

”苦しみと秘密のある人”

つまり謎めいてるってことだと思う。


そして人に何の要求もしない。
要求した時はお礼する。
時に何かを与える。(性的関係ではない)

な~ん茶って。な~ん茶って。
そんな人を探し続けてここまで来たが……

いなかったよ~~~!


でもね、苦しむ人って素敵だよ。自分の罪悪感に苦しむ人がね。

罪なことをしたかどうかより、そのことを苦しんでるかどうかなんだと思う。



というわけで島影十年さん、まだまだ苦しんでもらいましょう。

いいからハヨ原稿描かんかい!







***********************
Y様
それほど意識して探さなくてもいいと思うんです。
心の奥にしまって、悩みながらも自分らしく生きていれば自然に会えるって私なんかは思っています。
でもそれってやはり無意識の領域では探してたってことになるのかな?
まあ私はそういう人に一生会えなきゃ会えないでも、別にいいかななんて思ったりするんです。
変わり者ですから参考にはならないでしょうけど。
まあ~すべては運命かななんて。じゃあこんな記事書かなきゃいいじゃん~ですよね。
何なんでしょ???コメントありがとう。

…ミ様
銀の鬼11を読んでくださって本当にありがとう!ワシ感激です。
そうですかあ、内容どんどん濃くなってきましたか?
あなたにそうおっしゃっていただけるとホッとします。
十年の苦しみを理解することはワシできませんが(なんてこと言うんでしょう)
人はあまりにもすごい苦しみを背負った場合、それを抑圧してしまうような気がします。
そこから歪みが生まれるんですよね。
その歪みをふぶきがどこまで愛せるかですよね。
雑巾、受けましたか?嬉しいです。


ゅ・・ラ様
お恥ずかしいです~。

[ 2009/07/13 21:22 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。