茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

愛しいパト 

皆様コメントをありがとうございました。
実は今までパソコンを開ける事も出来ずにいました。


我が子パトが未来へ旅立ちました。

昨日は8時間かかる静脈点滴をしていただき、夕方連れて帰ってきました。
午前2時に息を引き取るまで、可能な限りパトについていました。
点滴をしたことで喉も潤い、おなかも空いてなかったと思います。
でも療法食をちょっとだけ口に入れてやりました。
もういらないと、自分のベッドに逃げましたが吐きませんでした。
途中で脳死状態になってからは、もう苦しくはなかったのだと信じます。



私は知っている。
形あるもので消滅するものは何もないと。
そして意識も形あるものだと信じている。
ただ姿を変えていくだけ。


でもパトとしての生命はこれで終わり。
それがさびしい。
愛しくて愛しくてたまらない。
こんなにも愛してる。


明日霊園の人が迎えに来て下さるまで、パトと話します。
そのあとも同じだけど。



でも今さびしくもありますが、それと同じくらい不思議な気持ちもしています。
パトは私のために命の終わりへと急いだような気がしてならないのです。
それは今までの他の子の時にも感じたことです。
ある意味で、私を命かけて守ってくれた気がするんです。
それが何とはここでは言えませんが、私にはそうとしか思えないんです。
問題は去りました。
あまりのタイミングでした。


不思議な言い方しかできなくてすみません。


いつもいつも私を支えてくれたパト。
ありがとうパト。
愛してる。ずっと。


また会えるね。





(しばらく更新できないと思います。弱虫の私を許して下さい)
スポンサーサイト
[ 2010/12/21 19:28 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゆずと納豆とJ君本 

今日、女性獣医さんの所で大きなゆずを8個もいただきました。

親戚の方の庭でとれたものだそうです。

「わ~ジャムにします」とお礼を言いますと、

「でもこんなこんなでアレだから。お風呂に入れるといいわよ」と先生。

アレとは、つまりちょっとでこぼこで茶シミでという意味らしいです。

でもそれが無農薬の証ってことですもんね。


帰宅してからキッチンのテーブルの上に置いておくと、やがて家中に爽やかな香りが広がりました。

その時、私の机の上にあるJ君本「なんだ!?このマンガは!?」の表紙が目に入りまして、何だかやけにムズムズしたものを感じましたのです。

このゆずっぽい…。

でこぼこで茶シミの…。

↑表紙画像はJ君様のサイトでご覧下さい。等ブログリンク欄8番目です。

ゆずバア…。

それが何だか…糸引いてるっぽい…。

ムズムズ…。



約一時間後、

納豆に生卵、ネギ、ゆずの千切り、醤油ダレをまぜまぜし、ゆずの果汁をキュツとしぼった一品を、ご飯にのっけて食べました。

おお、これぞJ君本の味です!







J君本のまえがきとあとがきに特に感動しました。

第六感で!

そう第六感で!

だいろっかんでー!

詳しくは御本で。





[ 2010/12/17 22:52 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

天才レビュアーJ君の本です! 

もうずっと気になって仕方がない御本だったのですが、
ワヒ(ワシ)親と猫の介護でヒニそうな日々を送っておりまして。
書店にもヘアカットにも全く行けないという、もうもう壮絶な悲しさで~~~。
ああだこうだこうだああだ。


なんだ!?このマンガは!?
(J君・著  彩図社 )
 
↑画像をアップする技術すらないのです。蔑んでください。


つまりぶっちゃけ、
今日本中で超話題のこの御本をまだ読んでいないのです!エヘン!(威張らんでいい)
でも考えてみれば介護とかでヒニそうな人にこそ必要だわ。
J君様の上質のユーモアが。
失われた笑いを求めて行ってきますイザ書店へ!


あっその前に
BLACKblog徒然草(日記)をついさっきJ君様がアップされたようです。
ティーの事をまたホメテくださっていますよ。
どのヒロインも同じ顔だなんてすごいなーどうしたらそんなにそっくりに描けるのかなーって。皆様ぜひお読みになって。
つーか、あちらのサイトさんからの方が大勢お客様が訪問してきてくださってるようで~~。
↑茶よ、お前は一体本当に忙しいのか?暇なのか?


ヒソガシイ。ああ~ヒソガシイ。





*********************************************
素敵な奥様、前項目にコメントありがとう。
「悪徳の栄え」はJ君様の名レビュー世界の中でこそ面白いです。
クハハハハハハ(皇帝ネロ風笑い)

ムーン様、「クラッカーにオイルサーディン」の項目にコメントありがとう。
いつかまた漫画を発表できる日まで待っていてくださいね。


*********************************************
19時28分
書店に行ってきましたが、J君本売り切れてました。すごいー。
それで注文しました。木曜日に手に入ります。楽しみです。

素敵な奥様、
ああそうですよね、J君様にぜひ「変な探偵」を読んでほしいと私も思います。
何せ自費出版作品ですからね。あなたのおっしゃる通りマーガレットカラーに染まっていない自由と軽やかさがあるかと。
でも「悪徳の栄え」のどこがマーガレットカラーなのか…?と自分に問うてみる。
答え、学園物(に無理やりしている)
という一点だけなのが恐ろしくも素敵ですね。

***************************************************
またまた素敵な奥様お二人からコメントをいただきました。いつもありがとう。
本当に「銀の鬼」には冬が似合いますね。
京都の雪の中で私の心に生れた鬼だからでしょうね。


”奇妙な味”ってジャンルは本当にいいですね。
時代そのものが今本当にそうなってきてる気がします。
私の作品は”奇妙な味”と“だまし絵”でありたいと思っています。

[ 2010/12/13 07:29 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

優しかとですJ君様 

リンク欄8番目のa Black Leafをどうぞポチッとしてみてくださいな。

そう、あの有名なJ君様のレビューサイト「BLACK徒然草」ですとも!

え?私なぞが紹介せずともよく知っとるですって?

まあまあ皆様、そうはおっしゃいますが…

あのJ君様はですね、信じられないことに、この茶木めの作品を時々取り上げてくださいますのですよ。

J君様のサイトのテーマはマイナー系漫画や映画への愛を込めたツッコミなのだとお見受けしました。

いいですね!いいですね!それぞティーの求める目線。

目指せ超高級マイナー漫画!



「おれは薔薇」に続き、

今度はティーの秘密兵器作品「悪徳の栄え」をミニレビューしてくださいましたよ。

秘密兵器作品なのに、自分はもうコミックスすら持っていないという事は秘密ですが。

a Black Leafの左側3番目、ミニレビュー(Livedoor寄稿)をポチッしてお読みくださいね。

”イケメンならここまで許される!皇帝ネロが現代で大暴れする少女マンガ
「悪徳の栄え」”

タイトルがまあ、なんかすご~~~い。J君様の感性が踊っていますね。

そしてレビューもなんだか天まで笑顔で走りぬけてくださっている感じ。

いっそ爽快ですー!



でも、やはりJ君様は優しい方ですね。そして温かい。上品だ。

特に少女マンガには。

フッフッフッフッフッまだまだご遠慮がおありのような?

このティーにはそげんもんはいらんとですよ。

ああでも、光栄でございます。またまた至福の時を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。







[ 2010/12/12 18:18 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

お魚サンド 

前項目のサバサンドですが、

やはり本当に茶木さんの食卓に上がっていたのですね、というコメントをいただきました。

「変な探偵」のヨモギさんが食べていたものだと覚えていてくださったんですね。

そうトルコ名物サバサンドからヒントを得ました。←ヒントって…、そのままじゃん。

でも私はその情報を知る以前から、お魚をパンにはさんで食べるのが大好きだったんです。

よくやるのがお惣菜屋さんのアジフライのサンド。

マヨネーズとソースを一緒にね。

それからオイルサーディンをカリカリトーストに乗っけたり。

おっしゃる通りバラエティーにあふれたメニューを食べてると言えなくもないかな?

でもね~へへ、実はヨモギさんの食べてるのより、

「母なる男」のサバさん風食べ方かも~~~。時間ないんだもーん。

もっと生活にゆとりを持ちたいものです。ちょっと最近イケナイな。

ハハハ、ハハハ、ハハハ…



*************************************
サバの骨は取ってからパンにはさんでいるのですか?というご質問をいただきました。
最初から骨を取ってある塩サバを使っています。ほんのちょっと残ってる所は焼いてから手で取って。
生サバではやはりちょっと手に負えないです~。


[ 2010/12/11 18:12 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

サバ事件 

皆様、素敵なコメントの数々をありがとうございました。

どなたのも本当に素敵なので、ああ~どうしてワシはコメント欄を破壊(?)してしまったんだろうと情けなくなります。

柿のお話、子供時代の漫画の思い出、そして母と私への温かいお言葉…本当にありがとう。

そして、猫好きな読者様のご長寿猫さんが天国へ旅立たれたそうです。
本当に人間としか思えない重く大切な存在を今送りだされたのですね。
心から猫様のご冥福をお祈りいたします。




私も今では高齢になってしまった猫4匹との毎日を大切に生きています。


昨日私の大好物のサバサンド用の焼きサバの一部が消えたという事件がありました。
うちには私以外には動けない母と猫達しかいません。
以前のチェリーならテーブルの上のお魚をちょっと持って行ってしまった事がないでもなかったんですが、
今は病院の療法食しか食べません。(ひと缶4百円とほほ)
大好きだったホタテですらです。


その後やっと犯人が分かりました。
何とパトでした。
信じられない。
と言うのは、パトは人間の食べ物は絶対に食べないという理想的猫さんだったので。
今日マグロも食べました。
パトに異変が起こっている!
パトは最近痩せ出しました。それで先日動物病院で血液検査していただいたのですが、肝臓の数値が少し気になるという事でした。大したことでもないらしいのですが。


17歳半です。
どこか悪くなっても無理もない歳です。
ある程度好きにさせてあげようと思っています。
今までのキャットフードもちゃんと食べますし。



母の退院からやはりめちゃくちゃ忙しくなりました。
入院中にさらに体が硬くなってしまったようで、いろいろと前より世話に時間がかかります。
私は何だか神様に試されているような気がします。
きっとそうなんでしょう。これでもか、これでもかと試練を与えられます。
これを乗り切ったら、ワシもやっと一人前になるってことだと思います。
ガキっぽい人生を歩んできましたもんで。
まあでも訪問看護の看護師さん達に援けていただけますし。
何とかやって行きますね。




[ 2010/12/10 19:01 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

柿をプレゼント 

お母様とお嬢様とで私の作品を読んでくださっているというコメントをいただきました。
本当に嬉しいです。ありがとうございます。


私が今でも何とか細々漫画を描いていられるのは、実は昔(おお~むかし♪)
母が毎週少女フレンドとマーガレットを仕事帰りに買ってきてくれたからだと思います。
ああ本当にそのおかげですね。懐かしく思い出します。
母から夢を贈られて来たのですね、私も。


素敵な奥様もいつもコメントをありがとうございます。
いやいやハハハ
そんなことないもんホエホエ
なんもしてませんノハノハ

↑皆様ごめんなさい。気持ち悪いワシですね。




今日、母が退院してきました。
とろとろ~り熟した大きな富士柿をたくさん食べてもらいました。




[ 2010/12/08 23:12 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

究極の理由は 

兄に介護をバトンタッチしてから約一週間で、
また私が母を引き取ることにした究極の理由は


母が具合悪くなっているというのに、兄が私に来るなと言ったことです。
その前日初めて会いに行こうとした時から
「いま熱で寝てる」と渋っていたのですが、それでも行ってみると異常事態で。
そこで私がある処置をしたせいか、熱がかなり下がりました。その場では。


次の日も心配だから当然電話するし、会いに行こうともするでしょう?
それを断られたんです。
医者に診せてるから大丈夫だし、忙しいからと言って。
でもやはり高熱だという。
そんなこと言われて、はいそうですかと引き下がれますか?
家にいたって普通でいられますか?
なぜ来るななんて言われなきゃいけないのかという怒りも生まれるのはおかしいですか?
私はその何日か前までずっと母を全面的に面倒みてきた人間ですよ。
何十年もたった一人で。
介護だって、最初の骨折から9年11か月やったんですよ。
実の子ですよ。


その日3回電話を切られた後、
しょーこりもなくまた電話し、今から行くから開けてけろ(けろ、はなかったけど)
で、突撃!
ちょうどお医者様がみえてらしたので、開けぬわけにもいかんかったらしい。


そして次の日、救急搬送となりました。
救急治療を待つ間、小声でののしり合い
(母の命に別状ないとお聞きしてから、チェリーにご飯やりに途中いったんワシ帰宅)
それから病室でやっと落ちついた母を見てから
病院の階段でまた小声バトル!


まあようするにです。兄宅は私とはコミュニケーションをとりたくないらしいのです。
それが本音。
そこには長い長い間のいろんな複雑な事情が絡み絡みカチカチになってはいます。



が、


兄貴様、お宅にも言い分は多々ありましょうが、


そげん考えじゃ、自分が苦しい時、自分の子にも会えなくなるよ。


または自分の子が苦しい時、会いに行こうにも会えなくなるとですよ。


想像してみてくれと要求する権利ないけどね。


誰だってよく言うよね、「自分がどうなって行こうがあんたに関係ない。自分は変わらん」と。


まあ私だってそう。そんなとこある。よくわかる。


だけどさ、自分だけの問題で済まない事ってある。


それが今回みたいな親子関係とかだよね。
皆元気な時はまあいいよ。でも…


苦しんでる親に会えない苦しみ。
苦しんでる我が子に会えない苦しみ。
苦しんでる孫に会えない苦しみ。


これは結構応えるんじゃないかな?


そのまま永遠の別れにならないと、一体誰が断言できるだろう?




****************************************
コメントありがとう。
原因ははっきりしました。もちろんお互いに言い分は膨大にあるけれど、
それを修正してまで人間関係を続けられないってこと、あるんだろうね。
私が悪いとか、私に対して怒りがあるとか憎いとかいうのではないようです。
そこは私も皆様に誤解されたくない所です。

[ 2010/12/07 12:23 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

コメント欄を設置しようと思ったんですが 

・・・・・・失敗しました・・・・・・。



またまた素敵な奥様達から
ほんっとーに素敵なコメントをいただきまして
自分一人で読ませていただくのはもったいなく、
これはもうそろそろコメント欄を開かなければ!
と思ったんですが、


環境設定をいろいろいろいろいじくり過ぎて・・・
結果、わけわかんなくなったのでやめました。
それが無難というものでしょう。


茶木には何も期待なさらないでくださいませ。
もう何も。
何も…。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地球人をダメにする為の侵略生物?(←名文なので載せていいかな?いいよ~ん。
というくらい可愛かったという愛猫のお話をありがとう。
そうよねん。私もさ、猫バカ人生歩んでなければもっと早くたくさん作品作ることできたのになって、ちょっと…。でもまあいいか~。


ふぶきと十年は何してるんだろう~?(中略)ふぶきはシチュー作ってて♪十年は雪の中、木の下に潜んでそうな気がします(笑)
(↑これも名文なので一部掲載していいかな?いいです~。
スルドイですよ、奥様!銀の鬼13はそんな感じかも!
でも作者でさえ、雪の木の下に潜んでるという発想は浮かびませんでしたね。
何だか情景が見えるようですね。恐ろしげな顔した十年が笑えるぞ!



ああしかし、銀の鬼13はいつ完成するのかのう?うう…
茶木には何も期待なさらないでくださいませ。
もう何も。
何も…。



くすん。



まあいいか~、気楽に行きましょ~~~ってば。


[ 2010/12/06 21:52 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

デュパンの生活今さらば 

久しぶりの素敵な奥様、コメントありがとうです。


さて、午前中は猫の病院へ行ってきましたよ。
チェリーは軽いので猫バッグをポシェットのように首にかけてね。
パトのはショルダーバッグのように。
慣れたもんでしょう?
今日は往復歩くことにしました。
いい陽気だし、猫バッグにカイロも入れてあるし。
ほんの片道15分くらいですし。
皆高齢猫なのでね、吐いたりすると心配で
2匹とも点滴とビタミン注射をしてもらいました。


チェリーはナキムシで甘えん坊でスネ坊で、したたかで要領いいやつです。
パトはおっとりしててガンコ男。チェリーと同じ白黒猫だけど、見た目も動きもチェリーより優雅かも。
モカは我が家の太陽のようなやつです。暗いモカを見たことがない。竹を割った性格。あっさり元気暴れん坊。
ココはとにかく愛らしいやつです。赤ちゃん顔に細長い胴体のウナギ猫。結べそうだといつも言われています。
皆で幸せになるために支え合って暮らしています。


母も猫も高齢になったので、このところ病院とご縁が続いています。
朝は動物病院。夕方は人間の病院。


憧れの神秘的な夜型デュパンの生活は当分できそうにありませんね~。


[ 2010/12/04 13:26 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

ふわふわの眠り 

最近ほっとんど漫画描くことができない自称謎の漫画家の私に

優しい目線のコメントをありがとうです。

ほんわかして、りーりー♪  ←なんでしょね?ご本人様達にはきっとわかる。



今日(もう昨日になりましたけど)も面会に行ったんですが、母は深い眠りに落ちていました。

呼ぼうが触ろうが全く目を覚まさないので、そのうち不安になったほどです。

体の状態が悪いから入院してるわけで、普段より眠りが深くて当然ということでしたので安心しました。

そのままそっとしておいて帰りました。


でもその前日は一杯しゃべったんですよ。

もちろん私の事もわかりました。というより、なぜいちいちそんなこと聞くのか?とあきれたようにです。

高熱のせいだったんですね、何日間か何もわからず朦朧としてたのは。


退院は来週の半ば頃だとドクターがおっしゃいました。

やはり2~3日の入院というわけにはいかなかったようです。でもまあよかった。



介護ベッドが戻ってきました。兄がくれた羽根布団と一緒に。

超軽いのにすごく温かいというご機嫌な高級品!

既にココとモカが大喜びで寝ています。

2匹の姿が埋もれてしまって見えないくらいふわふわです。

こげ茶とうす茶の幸せそうな顔二がつのぞいてるわ~。




に~ちゃんには内緒だ。

リバースが怖いリバースが怖い…リバースが…怖…い……。






[ 2010/12/04 01:00 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。