茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電子版茶木作品配信停止のお知らせ 

「銀の鬼13」 166P ←公開中です。読み倒してやってください。

現在は「銀の鬼14」制作中です。
応援コメントをありがとうございます。


------------------------------------------------------------
今日の記事はここからです。
2月最終日に雪となりましたね。
雪とともに私の一つのエピソードが終わりました。


私が契約させていただいていた電子出版社様が、電子コミック事業をなさらない事になりました。
売り上げは伸びていたそうです。
ただ元々出版社ではなかったので、出版界からの、何故?という目線もあったのだそうです。
詳しいことはわかりませんが、事業は子会社様に譲渡されたとのことです。


私の作品の売り上げは、新作発表ができなくなっても落ちていませんでした。
私としてはそれは本当に嬉しいことでした。
とてもいい思い出になります。



本日より私の作品の電子(パソコンと携帯)販売サイトでの配信は停止されます。
無期限で購入してくださった方には再ダウンロードをお願いすることになるようですが、
私には詳しいことが分からなくて申し訳ありません。


私の電子コミック作品をお読みくださった皆様、心から感謝いたします。
しばらくの間でしたが、私を電子コミックの世界に送り出してくださった
電子出版社様、販売サイト様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
拍手コメント欄と、非公開コメントに3名の方から今回の件につきましてご質問をいただきました。

突然の決定で私本人も正直言って驚いております。
前日の2月28日に子会社様より突然
事業継承にあたってのお願いという件名のメールをいただきました。

それによりますと、2011年12月15日をもって電子出版事業が既に譲渡されていたそうです。

今までの電子出版社様から私に事前の連絡は何もありませんでしたので、何が何だか分からないというのが感想でした。
それで28日にすぐ今までの電子出版社の担当様に電話連絡をしたというわけです。

私への説明は確かにしていないとおっしゃいました。

もう少し前もって私にご説明があれば、
皆様へも「あと何日で電子配信が停止しますので」とご報告出来たのですが、
本当に申し訳ありません。

私としては、皆様もご存じのように電子「銀の鬼」シリーズの販売が12巻までで止まってしまっている状態で、
そのまま他社への継承は到底考えられないわけです。
そのように申し上げますと、担当様の方から子会社様へ伝えてくださることになり、
29日に担当様から確認の電話をいただいたという流れです。

本日より茶木作品は配信停止になり、
無期限等で購入済みの方々への再ダウンロード等で2~3か月かかるかもしれない
というお答えでした。

配信停止日時は私が希望したわけではありません。というか何も申し上げておりません。
担当様の方から明確にそのようにご説明がありました。

読者の方々の混乱もあるかと思い辛い所ではありましたが。

本当にもう少し早くご説明が欲しかったなというさびしい気持ちもありますが。

でももう終わりました。
皆様、こんな形でのご報告になってしまって本当にごめんなさい。

スポンサーサイト
[ 2012/02/29 14:19 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

「銀の鬼13」公開中 

「銀の鬼13」 166P ←公開中です。読み倒してやってください。

現在は「銀の鬼14」制作中です。


------------------------------------------------------------
ゆーっくりやっています~。
趣味で「銀の鬼」を創作していますので、発表時期はいつになるかわかりません。
時期に関してはあまり期待しないでくださいね。
ただ一生懸命やります。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆様、こんな私に温かいコメントをありがとうございました。

た…ママ様
あなたのように本当の愛ある女性に私もなりたいです。


Har…様
コメントをありがとうございました。「銀の鬼14」頑張ります。


mi……様
「銀の鬼」に励ましのお言葉を本当にありがとう。


リ…様
麗子さん→国生さゆり氏
ってのがいいですねえ!いやほんと!


かい…様
「銀の鬼」を好きでいてくださってありがとう。


…ま様
ネット公開でも著作権はありますし、きっと大丈夫です。ありがとう。


ハ…様
パソコン苦手の王は私です。色々覚える気がないからどないしようもない。ふふ


-様
コメントをありがとう。コツコツゆっくり頑張ります。ゆっくり待っていてくださいね。


…に様
まだまだそちらは雪が多いことでしょうね。雪は美しいけれど、苦労も多いかも。
ああ~銀の鬼さんと同じですのう。


あき…様
ココはとてもおとなしい猫で助かります。それでも食事介助の最初の頃は大変でした。慣れてきてくれたんですね。今ではもう普通の缶詰も食べられないようだし。自分でも頑張るしかないとわかってきたんでしょう。


も様
コメントいただいたのが何だか1通抜けてしまってるような気がするんです。でも何となくわかります。
世の中は怖いことだらけですよね。自分を高めていくしかないですよね。妙なやつらにひっかからないためには。でも、も様は大丈夫。いっぱい勉強なさってるから。





[ 2012/02/23 21:18 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

サイコパス五百部vs銀の鬼 

「銀の鬼13」 166P ←公開中です。読み倒してやってください。

現在は「銀の鬼14」制作中です。


------------------------------------------------------------
今日の記事はここからです。

お休み中の当ブログ(ちっとも休んどらんようじゃが)ポロン、ポロロンと続いております。
まあ、いいじゃん、いいじゃん。
昨日の記事へのコメントありがとうです。
美味しいパンって本当に心が癒されますねえ。
うちの18歳8カ月のふたりの猫、ココとモカも見た目が何だかパンに似てます。
枯葉色のパンと、こげ茶色のパンですの。
ふわふわ、どっしり、温かくて、口元が…あれマズルっていうのかな、それがまたパンなのでして。

そう、今回も作画に時間がかかってしまっているのは2つの理由がありますの。
ココもモカも高齢なので食事も以前のようには簡単にはできなくなりました。
特にココは慢性胃弱でして。やはり私が食事介助してやらなければならない状態です。
もう半年程前からです。
チェリーの時に覚えた食事介助の仕方が役に立っています。
猫の背後から口の端へ、自分の指で一口一口入れてやります。
燕の雛のようにゴハンをもらうのを待っています。
こうしないと療法食を食べないからです。療法食だとキメ細かで胃に負担がかからないんです。
その上栄養価も優れていますし。
パンのように温かくて可愛い口元が、後ろから覗き込む私の頬に触れます。
大切な時間です。


そしてもう1つの理由は、いろいろ勉強しながら、その合間に作画を続けているからです。
タイトルに“サイコパス五百部”と書きました。
そう、五百部はサイコパスとしか思えないんです。
それは精神病とは違う。
でも普通の者が持つ良心というものがない。
それがあるかのように見せかけるのがうまいだけで。
でもネットや本で勉強するのは、まあ確認のためというだけで。


そういう人を私は知っている。いえ、知っていた。
運命が危険を察知し、その存在から遠ざけてくれた。
これで良かったと本当に思う。
世の中にはいるんだ。
根っからの愉快犯が。
そのことを認めた時から私は強くなった。
でもね、そういう事何も知らずにのほほんと暮らしていたら、ここまで強くはなれなかっただろうなと思う。
私らしい人生だと思う。
失ったものがあるとすれば、私のいろんな名誉ですかね。
何も知らない人達が、自分たちの都合、または勝手な解釈でデマを作り上げた。

まあいいさ、それでも私はこの人生が気に入っている。

色々悩み苦しみ、作品に昇華させることが好きだからかしら。




というわけで、サイコパス五百部vs銀の鬼
というテーマがこれから繰り広げられて行きます。
愛など知らない完全悪五百部、愛を知った銀の鬼。
完全悪はある意味強いですよね。最初は勝つ!
でもね、最終的には愛を知る者に勝てないんです。
それが真理だとワシ思う。
でもその愛を知ることは本当に難しい。
当ブログにて公開中の「銀の鬼13」を読んでくださった方ならきっとそう思われるでしょう。

愛はなかなかない。
「銀の鬼13」のようにはいかない。
そう、あれは寓話ですからー。

でもさ、愛はないとは言わない。
なかなかない。
と言う。
ふふふ



P.S.
以前、記事のタイトルで「魅力的な五百部になっちまった」と書きましたのは、
ビジュアル的な意味においてです。
十年に瓜二つという設定のままでは、ストーリーがわかりにくくなるかもしれないので、
ややきれいにしました。お化粧させて。
妖力万力で頭蓋骨めちゃめちゃになった遺体だからこそ、そのように修正することもできるのですよね。
現代のエンバーミングのなせる技ですねえ。すごい。

でもどうして?遺体なのに十年と戦えるの?ですって?
紙人間五百部は、まだこの3次元世界にいるということでせう~。
どうしたら現れるのかは「銀の鬼10」で、うっすらと感じ取ってくださいませ~。


ああ、ほとんどしゃべってしまった…。
いやでもまだまだあるぞ!秘密だけど。



[ 2012/02/22 18:16 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

ポロン、ポロン 

「銀の鬼13」 166P ←公開中です。読み倒してやってください。

現在は「銀の鬼14」制作中です。


------------------------------------------------------------
今日の記事はここからです。
ブログお休みしますとか何とか言っといて、ポロン、ポロンと書いていますの。
もうほんと、いい加減でテキトーな茶ですので~。
ああ~皆様良くご存じでしたねえ。

いえね、十年さんとふぶきの朝ごはんがカフェオレとクロワッサンでのう。
気取るんじゃないよー!
なん茶って。自分で描いててなんだんねん。
そういうわけでフランスパン食べたくなりましての。ハムとかオムレツと一緒にさー。
米とぎ汁乳酸菌もずいぶんたまったし、そうね、たまにはパンをボロカス食べましょうかのう。



皆様からの素敵なコメントには言霊がたくさん生きていて、私は励まされています。
お返事がなかなかできないんですが、本当にありがたく読ませていただいてます。
茶木漫画は「大人のおとぎ話」と言ってくださってありがとう。
本当に。私の作品は現実的生々しさで勝負するタイプではないです。
ロマンチック幻想だもん。寓話だもん。
そうです、「銀の鬼」は寓話です。

旧「銀の鬼」は少女の寓話で、
20年後復活してからは大人の寓話です。
でもしっかり現実を見つめているから描ける寓話でありたいと。

ポロン、ポロン
作画もポロン、ポロン
…。


[ 2012/02/21 22:16 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

ハッピーエンドから先のおとぎ話 

「銀の鬼13」 166P ←公開中です。読み倒してやってください。

現在は「銀の鬼14」制作中です。


------------------------------------------------------------
今日の記事はここからです。

皆様、こんな字だけの地味ーな(ブログを閲覧してくださってありがとう。
素敵なコメント、拍手コメント、拍手も本当にありがとう。

大人になられた女性の方達からの応援をいただくことが多い私です。
そうですよね、ハッピーエンドから先が人生は大変だし、でも夢は忘れたくないですよね。
十年さんとふぶきも旧作「銀の鬼」がある意味で恋のハッピーエンドでありました。
そこから復活させるという事は、ハッピーエンドの先を描いていることになるのですよね。
つまり今の皆様のお気持ちと同じではないかと…。
なん茶って、なん茶って。勝手なことを言ってるわよね。

まあ~~とにかく大人の女性のためのロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」なんですの。
もう後戻りはしませんとも!
どんどん大人になって行く「銀の鬼」なんですの。
十年とふぶきの見た目は変わらんのですが。いいなあ人間じゃないって。
でも内面はね、皆様とともに成長していくのです。大人なんです。




[ 2012/02/18 00:13 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

「銀の鬼13」公開中です 

「銀の鬼13」 166P ←公開中です。読み倒してやってください。




現在は「銀の鬼14」制作中です。

皆様、申し訳ありません。まあ~まあ~まあ~編名について色々とああだこうだ言ってきたわけなんですが、結局”…編”と区切るのをやめました。

旧「銀の鬼」後、復活した分を”目覚め”編としたのでしたが、
実は単行本の出版社様の営業方針から、そのようにされていました。

自分としては復活からは“新・銀の鬼”と考えていましたが。
新…だと、その前があっての続編と思われて売れ行き不利になるからというようなことでした。
でも正真正銘続編ですし。




でも「銀の鬼」シリーズに全く制約がなくなった今、ここいらで本当にすっきりとわかりやすくした方がいいのではないかと思うようになりました。
制作中の最新作にしましても、舞台は新しい地ではありますが、
内容はやはり「銀の鬼13」からの続きですので、「銀の鬼14」とすることにしました。


何をどう言いましても、「銀の鬼」シリーズは最初から続けて読まないと理解できない作品です。
タイトルも一本化します。
「銀の鬼」です。
それに1、2、3…と続くだけです。

ただ、復活からはサブタイトルがついています。
ブログで公開中の「銀の鬼13」で言うならば、
”美徳のナイフ”“悪いやつ”“地下劇場”です。

ですので復活からの「銀の鬼7~8」に”目覚め”というサブタイトルをつけることにします。
いつの日か「銀の鬼」を本で統合するという、私の願望成就の時が来たら。



制作中の「銀の鬼14」のサブタイトルは、以前ご報告しました通り”色仕掛け”です。
ただ”色仕掛け”は72ページですので、その後もう少し描かないと1巻分には足りないかなって思っています。
とにかくまず72枚進行させています。

若い頃のようなスピードでは描けなくなりました。
そしてテーマも旧作「銀の鬼」の頃とは違います。

旧作のテーマは[鬼退治]です。
復活分からは[社会の中の愛]です。
私なりに社会風刺の目線で描いております。
社会はいつの時代も問題を多く含み、誰もがこんなもんさと何の疑問も持たず、抵抗もしなくなったら、破滅に向かうだけです。
作品を描く者のできることは風刺でありましょう。作品の中での批判精神でありましょう。
そしてそれこそが創作文化というものでありましょう。

社会を見つめないでは愛など描けない。
人が生きるとはそういう事だと思う。
愛はなかなかないけれど。



多くの出版社とはうまくやれない私です。
それでも自分の中から湧き出てくるものがあります。
それが「銀の鬼」です。
ある意味私自身が鬼なのでありましょう。
社会のはずれ者。

本来出版社というのは、そういうはずれ者が社会における逆さまの目線を持つ面白い存在だと知り、紋切り型の枠にはめるようなナンセンスなことはしないのではなかったか?という遠い記憶があります。

最近そういう出版社さんに出会ったことがないですねえ。


ま、いいのよ。作品はひとりで作るものよ。私はそうやってきました。
何とかなる時代っていいですね。


「銀の鬼」が湧き出てくる限り続けます。

そしてそして、以上で述べたことと矛盾するようですが、いえ、何も矛盾してないんですが、「銀の鬼14」からはまた旧作の頃のような甘い恋のムードも復活します。
多くの愛の試練を乗り越えた二人は、またお互いに恋をすることができるんです。
そこが少女漫画のロマンなんどす!
本当に強い愛だからできるんどす!
 ←いいからさっさと描かんかい


皆様、ブログお休み中もコメントをありがとうございます。私のパワーになっております。
なかなかお返事できませんが、いつでも書きこんでくだされば嬉しいです。

ではまたいつか!




[ 2012/02/02 17:12 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(13)
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。