茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ありがとう 「銀の鬼11~14」完売しました! 



今年1月30日からAmazonさんで販売を開始した「銀の鬼11~14」でしたが、おかげさまで完売となりました。
少部数発行でしたが、高額という事もあり、私にとっては偉大なる400部です。
サークルシステムは絶対にとらないという信念での、全くの個人販売です。
ただ「銀の鬼」が読みたいという読者の皆様の純粋な思いに支えられてきました。
本当に感謝申し上げます。

またいつの日か出版費用を用意することができましたら、増刷も考えております。
無理をしないように頑張って行きます。

-----------------------------------------------
11月28日です~~。↑…と思ったら、今日は1点在庫ありですって。
謎のAmazon様ですの。最後の1冊(多分)いかがっすか~♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ゆっ様
本当にありがとうございます。


チャ様
銀の新作もきっといつの日か! ←「母なる男」に浮気中。エヘへへ~


リ様
「マダム・ソレイユ」はずいぶん早く完売してしまいましたね。自分でも意外でしたよ。いつか増刷したいですとも!


s…様
それは楽しい忘年会でしたね。昔「銀の鬼」を読んでくださってた読者様達に思いだしていただけることは本当に嬉しい!お友達に話していただけてありがとう。

スポンサーサイト
[ 2013/11/27 11:32 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(2)

逃げ出す父にもいろいろ 

朝ドラ「ごちそうさん」を毎日見てます。人物達が魅力的で面白いな。
ああでもね、自由人の私には、やはり夫・悠太郎さんと和枝義姉さんはやや苦手。
西門家二百年の名…とかにこだわり過ぎっちゃね。
でもそういう設定がドンとあるから、周りの自由さが生き生きと描けるんでしょねえ。

西門家の、家族を捨てたという(近藤正臣演じる)父。
その人がまた魅力的に描かれてまして。
私なんかは本当はそういう父親は全く認めるべきではないんでしょうが。
だって、時々ここにも書きましたけど、私の父は「家族を捨てた父」なんですから。
私なんざまだ生まれる前からですよ。
捨てたくせに離婚は拒否した父だったから、母は生活保護も受けられなくて心底困ったんですわ。兵糧攻めですわね。
乳児の私を昼間預け、工場等で働いたそうですが、子供達にいろいろ任せるといろいろで…。
母は体力もあり、働きたかったようですが、そんな生活には限界がありました。
実家には事情があって同居は断られ、
仕方なく父方の親の住む南の島に渡らなければならなかったんですわ。
でもそこで母はセクハラにあい、また何も持たずに島の中の都会に住む親戚の所に逃げるしかなかったんですわ。
そこには映画館などもあり、それはそれで私には影響を与えた部分もありましたが。
その後やっと離婚してくれたらしいですよ、父は。私はもう5~6歳位だったようです。

私の父と、(近藤正臣演じる)西門父には違いがはっきりあるのですよ。
分かりにくい精神的なことではないです。
住居を残したかどうかということです。
西門父は大きな財産である家屋を残して自分だけ逃げた。
私の父は家賃のいる借家から自分だけ逃げた。

それは大きな違いですとも。
だって、それは本当に家族を捨てたことにはならないもの。むしろ西門父の方がゼロで、残る家族は財産があるという事なんだもの。
悠太郎さんや和枝姉さんは、困って借金などするより、いっそその家を売ればよかったんですよ。
父と会えてはいたわけで、そう頼めばすんなりOKしたことでしょう。
でもしなかった。それはやはり借金してでも家を守りたかったという事でしょう。
「旧家というプライド」のためだと思います。屋敷を売るなんて恥だと思ったのだと思います。
それが何より、もしかしたら命より大切なものなのかもね。悠太郎さん達には。
西門父はそれから逃げたかったんじゃないかしらね。
名家というプライドより、人間性が大事…だと思ってるんじゃないかしらね。すべて私の推測だけど。

私の父は本当に家族を捨てたんです。だってまだ自分は仕事も続けてて、収入もあったんだから。
私達家族がゼロで、父は何も失くしてなかった。その頃まではね。
でもまあこの世の法則で、そういうダメ男はなるようになっちゃうんですが。
公務員だった父を奪った気でいた不倫女性はその後、もういいいから家族のもとに戻ってくれと父に言ったらしいですが。
もう無職ですってんてんで、行くところのない父が何故戻れましょう。私達は既に引っ越した。引っ越すしかなかったわけで。
そのあとは不倫女性を殴ってでもダニのようにひっついていたらしいです。
それもまた何らかの縁というやつなんでしょう。悪縁でも縁は縁。


19歳の時に父に一度だけ会いました。
そんな、西門父のように魅力的でも温かくもなかったですよ。
一言で言うなら、どこかの知らないオジサン。
それも一人じゃ来れなくて、不倫女性と自分の妹と一緒にね。
何だか久しぶりの親戚の集まりという風に持って行こうとしてましたね。
自分が父として無責任な事をしたという顔は全くしなかった。
「子供たちは高校くらいはやったんか?」って母に言ってましたよ。
無一文で母子家庭にした当の本人のセリフですよ。
まあそのようにね、私の父は子供だったんですよ。
そんなこと言ったら、それと気の合った時期もある母もやはり子供だったのでしょう。
いや、日本人はみな子供っていう説もありますが。

でもその未熟な人間達が何とかやって行くためには、少しの何らかの財が必要です。
きれいごとじゃないから、生活するっていうのは。
その財を西門父は残したわけです。

許せるよ、そういう父なら。


[ 2013/11/26 12:07 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

考え事してました 

皆様いろいろコメントをくださってありがとうございました。
何日かずっと考え事をしてました。
それでブログの事さえ忘れていたという感じで。
いやまあ「母なる男」の事ですがね。
なぜこんなに考えてしまうのでしょう?
なぜもっと単純に流せないんでしょう?
きっとトシくったからだわ。
いろんなこと知ってしまったからだわ。
いろんなこと気づいてしまったからだわ。
でもそれでいいんだって思うわ。
トシくうってやっぱり素敵な事よ。
え、わけわからんって?
そうね。でも長くなるからまたね。
    ↑
なんじゃ今日の文章は!バカが、バカが書いてる!

[ 2013/11/25 00:18 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(1)

ココとそのアネ 

ココの眼の痛みはかなりおさまったようです。
涙はまだ時々出ますが、私が眼のあたりに触れてもそれほど嫌がらなくなりました。
歩く量も少しずつふえてきています。
もう下も向けるし、ゴハンも自分で食べられるようになりました。
でももうしばらくは療法食も続けようと思います。栄養が必要なので。
これを自分で普通に食べてくれさえすれば苦労はないんですがね。食べないんです。
ココにエプロンをかけさせて、後ろから抱きこむようにして、私の指でなめさせるんですわ。
するとまあ仕方なくでしょうが上手に食べますわ。
その小さなお口が可愛いんですわ。ワシの指に吸いついて舐めとる舌がいじらしいんですわ。
20歳過ぎても子猫みたいなココなんですわ。
可愛すぎてどうしたらいいんじゃ。
旅立って行く日が来たら、どうしたらいいんじゃ~~~。

でもね、多分それはまだまだないと思う。
見た目は童顔胴長ひよひよふにゃふにゃ~ですが、何だかココは強いんですよ。胃以外は。
そのため食事は1日6回に分け、すりつぶしてやってますの。それさえ守ればきっとね。

だから私は家からあまり離れられないのです。
映画や舞台を観に行ったり、ゆっくり買い物したりできないのです。
でもそれが何さ。それでココが生き続けてくれるなら、ネーちゃんは一生そんなことできなくていい。
それに横長テレビもDVDプレイヤーもネット通販もあるじゃないの。
毎日少しずつ作品作りをするという今の生き方には何の支障もない。
それも趣味だから締め切りもないし。人生上手く出来てるよね。


[ 2013/11/21 13:07 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

食べられて飲めて歩けて…それがどんなにありがたいか 

秋田犬を育ててらっしゃる読者様、ココへの温かいコメントをありがとうございました。
本当にペットは我が子ですよね。ちょっとでも具合が悪いと、心配でその子に全神経が集中してしまいます。
私などはすぐに涙があふれてしまって…恥ずかしいやつなんですわ。

「銀の鬼」へのコメントをくださった読者様もありがとうございました。
男の本音などを教えられた…とありましたが、いえいえ、銀の鬼・十年さんは現実の男よりすごく純粋でありますよ。
特に愛にね。ふぶきだけが好きですもん。どのように裏切ろうと、好きなのはふぶきですもん。
でも現実の人間の男性は本当に大勢の女性が好きですもん。
好きな順番はあるみたいだけど。そしてそれは相手の心次第で変わるみたいですけど。
…あら、それってもしかしたら女性も同じかしら?生きる立場が違うだけで、立場を交換してみたら、どちらも同じかしらねえ?
でもやはり肉体的本能の違いがありますよね。男性は自分の子孫を出来るだけ多く(あちこちに)増やしたいという本能。女性は自分の子を守り育てる母性本能。
だから女性は広く手を広げるわけにはいかないのでしょうねえ。

何だか深刻に考え過ぎてしまったわ。
でもとにかく、銀の鬼・十年さんは幻想漫画作品だからこそ生まれた理想の男性なのですよ。
虚構世界の中ではそれが真実なのです。それでいいんです。


ココは眼が痛いせいでしょう、あまり下を向こうとしません。
だからゴハンも食べられないようで、やっぱり私が療法食を指で介助しています。
それだとどんどん食べます。指で食べさせるには、ねっとりした療法食が向いてるのです。
それに何といっても栄養価がすごく高いですし。
眼球再生(オーバー?)のためにはやはり栄養が必要よね。
でも1日1回は大好物のオヤツ「焼きかつお」をスプーンの裏ですりつぶしたのをやってます。
お皿を持ちあげてやると、喜んで努力して食べてます。
水もコップを持ちあげてやって飲ませて。
まあそのように元気です。食欲があって本当によかった。
本当に痛そうで涙がまだまだ止まらないので、ネーちゃんも泣いちゃうんですが。
人間も猫も、晩年になると、食欲があって何とか口で食べられて、水も飲めて、歩ける…
それは大変ありがたいことなんですよ。
それが本当にスゴイスゴイ事なんですよ。


------------------------------------------------------------------
●「銀の鬼11~14巻」のお知らせです。
「銀の鬼11~14巻」Amazon ←こちらからどうぞ


●「母なる男」のお知らせです。
「母なる男」Amazon←こちらからどうぞ


●「マダム・ソレイユ」は完売しました。本当にありがとうございました。
「マダム・ソレイユ」Amazon←こちらからどうぞ




[ 2013/11/19 11:30 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

モカとココの表彰状 

昨夜ココの眼から涙が止まらなくなったので、今朝動物病院へすっとんで行ってきました。
行く前ココは予感がしたらしくて、分かりにくい場所に隠れてましたよ。
「眼がえぐれてる」と先生。
角膜を自分でこすったらしくて。

ココはいつも右眼がトラブッテます。
それでもう何年も眼薬のお世話になっているんですが、またまたその右眼を~。
「ココ、右眼呪われてるよ」と私。
「呪われてないわよ」と先生。

お薬をいただいてきました。完治には1カ月程かかるそうです。
ついでに皮下点滴とビタミン注射もしていただきました。
先生は大丈夫よ~と言ってくださったのですが。すごくたくさん涙を出してしまったので、水分不足になったと思うし~。まあとにかくこれで安心ですの。

秋に獣医師会や動物愛護協会主催の”動物フェスティバル”が開催され、
ココとモカも県内の18歳以上の猫として表彰されたようです。
夏に先生が申し込んでくださいました。モカがまだぬいぐるみの中に入っていた頃です。
モカのぬいぐるみはもうなくなってしまいましたが、
ココの分と一緒に表彰状をいただいて帰って来ました。

ふたりとも20歳にはなれました。楽勝でしたね。
モカもココもすごいね、おめでとうでありがとうです。
さあ~今やひとりっこのココ、どこまで記録を伸ばせるでしょうかね?
来月の今日、20歳半になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・・haha様、リ…様、コメントありがとうございます。
お二人ともかわいいペットをお世話してらっしゃるんですね。

大切なペットだけど、どこまで支えてやれるか自分でも不安な時もあります。
でもこれは天から与えられた重要ミッションなんだ!
しかし決してミッション・インポッシブルではない!
と自分に言い聞かせ、オロオロやってます。

------------------------------------------------------------------
●「銀の鬼11~14巻」のお知らせです。
「銀の鬼11~14巻」Amazon ←こちらからどうぞ


●「母なる男」のお知らせです。
「母なる男」Amazon←こちらからどうぞ


●「マダム・ソレイユ」は完売しました。本当にありがとうございました。
「マダム・ソレイユ」Amazon←こちらからどうぞ


[ 2013/11/16 12:58 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

謎のことば 

作画中はカレーとかクリームシチューとかのごった煮を大鍋に炊いておくの。
そのための買い出しにスーパーに行ったんだけど。
玉ねぎ大袋を2つ、ジャガイモの大袋、にんじん7本、チキンを3パック、ホタテ貝柱1パック、大好きなたくわん炉端漬け2パック、それに豆乳を3パックと柿を大袋1つ。
それだけカゴに入れて、レジによっこらせと持ち上げて~。
あとは代金をお支払いすれば完了だった。
いつものように。
なんてことない買い物の流れ。

だが・・・
レジ係の女性がふとおっしゃったとです。
「ずいぶん買い物なさるんですね」


・・・・・・・・・・・・・・ワシ一瞬悩んだ。
なんとなくだけど、現代のレジの人は、そういうしみじみしたことは話しかけないと思いこんでいまして。
こちらから尋ねたことには何でも答えてくださるけれど、あちらからそのようなことは言わぬものと。
ええ、そりゃよくお見かけするレジ係さんですわ。
でもあちらから見たら、ワシなど覚えているかどうかもわからぬ程度ではないかと~。
すっごい大荷物で驚かれたのだろうか?
いやでも1個のカゴに入りきる程ですよん。
家族が多い頃(母と猫達ね)はもっともっとすごい量の買い物だったけど、
レジ係さん達はそげなこと一言も~~。

それが当然だった。前提だった。
スーパーのレジ係さんはしみじみと話しかけないもんだと。

社会の見えない所で何かが変化してるのだろうか?
宇宙がズレたのだろうか? ←「マダム・ソレイユ」のカンロの言葉より


いくら考えてもわからない。考えなくてもいいとは思うんだけど。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・・haha様のコメントを全引用~

>ふふふ、宇宙がずれましたか(^^)私も夏休み前にソーメンとレトルトカレーをドカ買いした時は「ふふふ、夏休みですもんねー」って話しかけられました。レジのおばさんも、喫茶店のウェイトレスも、同じ一人の人間ですもの。いつも来る人は意外になんとなくでも覚えてたりするものですよ(^^)  お客さんはレジのおばさんに生活のほんの一部を垣間見られてるんですよねー。そう思うとちょっと怖いかも・・・。 


・・・・haha様のコメントからだと何だか冷静に想像できました。
そのレジの方はhaha様に好い印象を持っておられるんでしょうね。でなきゃそんなこと話しかけたりしないって。やなお客だったらも~どうなるかわかりませんものね。
あら、じゃ私の場合も同じだったのかしらん?自分で言ってて恥ずかしいがな。
それとね、私レジの方達をすごく尊敬してますの。あれは単純ではないよ。バーコードを通すだけじゃなくて、ポイントカードやレジ袋の事、途中で話しかける客へもいやな顔一つせずに対応。まだまだ、もっともっと~~。
とにかくね、私にはとても務まらないってわかる。そんな念が伝わってるんですかね?
本当にそうですよね、レジの方達は毎日多くの客達の生活、生き方を見てることにもなるんですよね。デキル女性達よね。見抜かれてますねえ。ゾ~~~。
------------------------------------------------------------------
●「銀の鬼11~14巻」のお知らせです。
「銀の鬼11~14巻」Amazon ←こちらからどうぞ


●「母なる男」のお知らせです。
「母なる男」Amazon←こちらからどうぞ


●「マダム・ソレイユ」は完売しました。本当にありがとうございました。
「マダム・ソレイユ」Amazon←こちらからどうぞ
[ 2013/11/11 17:12 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

ディズニーと宝塚のサービス精神はスゴイ 

前記事でお気づきになりましたか?
ドラマ「名もなき毒」を茶木が見たという事は、つまり、テレビがあるん?
そう~なんですの。あるんですの。←自慢にもならんね。
うんと横長の最新型ですの。今はそれが当たり前?
未だいろいろと浦島太郎状態の茶木ですが、まあそれなりに生きていますよ。

今朝ある番組でディズニークリスマス情報をやってましたわ。
やはりディズニーランドにはクリスマスがぴったりですね。
あのホーンテッドマンションもクリスマス仕様になって。
テレビの枠内で見るから、さらに豪華に感じるのでしょうか?
いややっぱりね、あそこには生みの親ウォルト・ディズニー氏の精神が今でも生きているんでしょうね。
最初にそれだけの基礎を築いたってことですよね。
優秀なスタッフのアイデアを生かすことと、多くのスポンサーの協力を得ることができたディズニー氏の人格のすごさ。
そしてその基礎から新しい創作者がどんどん育っているのでしょうね。


「宝塚歌劇」にも私は同じことを感じるんです。
基礎を作り上げた方の人格のすごさを感じます。
そこに天才的な演出家や作曲家や技術者が集まり、初期の黄金時代があって。
歌劇団は時代とともにどんどん新しくなっても、変わらぬものがしっかりと根付いている。


でもね、私ディズニーランドにも宝塚歌劇にももう長く行っていません。
私の若い頃のほんの短い期間だけ、集中的に体験できただけ。
夢とロマンにあふれる、豪華で華やかな時期でしたね。
でも私の心の中はいつも虚しく淋しく、荒野さながらでありました。
だからそういう楽しみが必要だったのかもしれません。
喉の渇きを訴える砂漠の旅人のように、そういうものを求めていました。

トシとった今の方がなぜか心の中は潤っています。
反比例するようにサイフはカラカラですが~~。

何かを根付かすことのできる人格に自分を成長させたいという願いを
いつしか持っていました。
そこへ向かって歩き続けています。
私に出来ることは作品作りですから、その道を。
というか既にそれは育ち続けています。今のところ形になっているのは、
銀や母や変・・・
ですかね。
そのどれもまだ完成していません。


------------------------------------------------------------------
●「銀の鬼11~14巻」のお知らせです。
「銀の鬼11~14巻」Amazon ←こちらからどうぞ


●「母なる男」のお知らせです。
「母なる男」Amazon←こちらからどうぞ


●「マダム・ソレイユ」は完売しました。本当にありがとうございました。
「マダム・ソレイユ」Amazon←こちらからどうぞ
[ 2013/11/09 11:13 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

銀の鬼目覚め2のケ~ン(件) 

読者様が「銀の鬼目覚め2」の超高値について心配してくださって、
出版費用としてワンクリック1円募金を私にというコメントまでくださいましたよん。
本当に本当にありがとうです。
でもあれは人道的支援のためらしいですし、お気持ちだけいただきますね。
読者様達は何もご心配なさらずに、茶木作品を楽しんでくださることが私の変わらぬ願いです。
そもそも私が心配ばかりさせるからいけないのよね、ごめんごめんごめ~~ん。


そして古書店さんはそれがお仕事ですし、それはそれで宇宙のバランスというものだと思ってます。
Amazonページの目覚め2は、今日は中古本出品が1件増えて
24,800円~になっているようです。
すごく安くなったじゃありませんかあぁぁぁ!!!


余計なお世話のロマンの旅人からのおススメは、当ブログ左側リンクの電子書籍版です。
「銀の鬼目覚め2幻の男」=「銀の鬼9」です。210円です。
でもね、やはり紙の本の方が人気があるのですよね。

[ 2013/11/06 11:01 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

¥ 19,897・・・売れてたお! 

今日記事にしたばかりの「銀の鬼目覚め2」の¥ 19,897
¥ 19,897
なんですがの、さっき何となく見てみたら~売れとった。
そんな…ショックだわ。一体どちらの大富豪様が?

で、現在は¥ 39,791 ~
↑追記・1日経った今日は5円値上げされ、¥ 39,796 に!
5円!5円もですよ!奥様、お嬢様?謎の5円は一体いかなる理由で?
うっうっう、ティーどうしたらいいの?


またまた楽しいコメント、拍手コメントをありがとうございます。
クリスマスが近づくと十年とふぶきに会いたくなりますか、奥様?
本当に銀の鬼にはクリスマスが似合いますものねえ。
私も会いたいです。

…まるで他人事だなティーよ。笑顔でごまかすでない!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・・haha様
>男はしょせん、甘えんぼ
おおっさすがですね!真理ですね、きっぱり。
しなやかに強く、媚びず、美しい、これからの女性を想像してしまいます。

------------------------------------------------------------------
●「銀の鬼11~14巻」のお知らせです。
「銀の鬼11~14巻」Amazon ←こちらからどうぞ


●「母なる男」のお知らせです。
「母なる男」Amazon←こちらからどうぞ


[ 2013/11/04 18:59 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

銀の鬼−目覚め 2 が超高値に~ 

皆様、いつもコメント、拍手コメントをありがとうございます。
全部読ませていただいてます。
でもあまりお返事できなくてごめんなさい。


Amazonさんの販売ページで「銀の鬼−目覚め 2 幻の男」が、いつの間にか超高値になっておりました。
¥ 19,897 ~ですってよ奥様、お嬢様。
もう中古本もほとんど残ってないのね。
自分で出版できればいいのでしょうが、まあいろいろと。いろいろとね~~っ。

   ↑
いろいろではなく、理由はただ一つ!自費出版費用です、はい。

「銀の鬼」シリーズの辛い時代ですことね。
雪が降る。どんどん雪が降って来る。まだ秋なのに。
生きよう。とにかく生きて生き続けようじゃありませんこと?
エッ私以外は皆様楽しく生きていますって?

ティーの心にだけ雪が降る。
でもA型だからそれが結構楽しい。



------------------------------------------------------------------
●「銀の鬼11~14巻」のお知らせです。
「銀の鬼11~14巻」Amazon ←こちらからどうぞ


●「母なる男」のお知らせです。
「母なる男」Amazon←こちらからどうぞ


●「マダム・ソレイユ」は完売しました。本当にありがとうございました。
「マダム・ソレイユ」Amazon←こちらからどうぞ



●新デザイン本の「銀の鬼」と「変な探偵」のお知らせです。
既刊本をお読みになった皆様にあまりおすすめすることはできません。
これから「銀の鬼」「変な探偵」を読み始めようという方、
そして既刊本より大きなサイズで読みたいわという方、
それからもう何でもどうでもいいわい、めんどくさいから購入したるわ~という方、どうぞよろしくお願いいたします。
銀の鬼←こちらからどうぞ

変な探偵←こちらからどうぞ


[ 2013/11/04 12:14 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(1)
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。