茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっと気づきましたわ 

kindleストア茶木のページ←こちらからどうぞ
「銀の鬼外伝・ごはんだよ2」第7回、8回発売中です!
銀の鬼十年に会いにいらしてくださいね。どうぞよろしくお願いいたします!

最近ブログで茶木の過去作について、あれこれ語ってきましたが・・・
な~んとなく不思議な空気感に気づいてしまいました。
読者様達ってアラサー、アラフォーの方が多いと受け取っていましたが、
よく考えてみればそれって・・・
茶木の初期作品や中期作品をあまりご存じないということかしら?
そうよね、「くちづけどろぼう」なんて37年前の作品だもの。
「絹のヒーロー」は30年ほど前。
後にコミックスで読んでくださったことはあっても、リアルタイムでは…まだお生まれになってないとか、赤ちゃんだったとか?

でも「悪徳の栄え」は26年前だから、それなりにご存じで。
つ~ま~り~「銀の鬼」からの読者様達がほとんど…ってことなのかしら?

やだ私、自分の歳を全く考慮してなかったわ。
茶木は年齢を超越した生き物だから。
すみません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
mmiy・・様
コメントありがとうございます!えっ、銀の鬼外伝7,8回までご購読くださって?ワハ~うれしうれしありがとうです。
あの世界観をわかってくださって本当に最高の気分です。
過去作もコミックスで全部お読みになってくださったなんて!
フフ、絹のヒーロー絹彦さんって、もしかしたら、見た目は十年さんに一番似てませんか?
髪型も顔も。目の感じと立ち姿が、やや絹彦さんの方が細いかな?十年さん、結構ふっくらしてますもんね。あ、どうでもいい?




kindleストア茶木のページ←こちらからどうぞ
↑茶木作品はずっとここにいます。

「母なる男2巻」の本もよろしく!←こちらからどうぞ
(母なる男2巻の本、少し在庫が残っております。←なぜこうなった?実は1巻より発行部数が多いからです。1巻はもう在庫なしですし、困ったわん。未読の方がおられましたらぜひよろしく)1巻はKindle版でぜひ!!

Twitter茶木のページですねん

スポンサーサイト
[ 2016/03/01 18:19 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(10)
オオ!久しぶりでございますね!
紫ショック!とかのお話、公開で書きこんでくださればいいのに。なんだ~非公開?

紫ショック!ね…紫さんがあまりにきついお兄さんで、私ちょっと苦手で。作者なのにね。
少年漫画さながらに荒々しく?
フフそうですか、そうよね~。
自分自身気持ちをツッパッテ描かないと、とてもできるものではなかったです。
あの頃読者様から、茶木はつっぱりに違いないって書かれたものでした。
違うのよ、ほんと私地味なのよ。おとなしいのよ。
全く想像の世界だったのです。あんなの。
「X-JAPAN」のYOSHIKIさんが似てますか?まあ~うれしい。

そうですか、紫ショック!悪くない作品ですか・・・。

別マ、デラマ時代よかったですよね。
自分はまだ駆け出しで恥ずかしい作品ばかりだったけど、必死でした。
若さとパワーでごまかした!ははは~
[ 2016/03/02 15:18 ] [ 編集 ]
また、久々のコメントです。

先生のブログは毎日拝見しているものの、公私共々バタバタしていましてコメント(ファンとしてはたくさんしたい!!)出来ずすみませんm(_ _)m 
 
今回のブログですが、わたくしただいま33歳(最初にコメントさせて頂いたのはもう数年前)
 
確かに、リアルタイムでは拝見していないんですが、とある作品(どれも印象深くて覚えていなくてすみません)を読んで、古書店にて買い漁りました。
当時は元気だった母親とも探して、二人でドキドキしながら読みましたね(`・ω・´)
 
ただ、悪徳の栄え以降御活躍されていない中、ようやく変な探偵を発見して二人して狂喜乱舞しましたが、それからしばらくして母親も植物状態になって数年経ちますが、ブログでの先生からの返信を伝えると無意識でしょうが頷いてくれます。 
 
悔やむところが、リアルタイムで読めていないことですね。
 
引っ越しで収集した作品が無くなったりした中、行き着けの古書店にて
 
「糸目はつけないから、全部揃えて!!」
 
と言ってから、実はアマゾンにて付けられている値段以上の金額で全て購入しましたが、宝物ですね(ちなみに、古書店の店主も先生のファンだったようで、語りました) 
 
実は、少女漫画は今でも嫌いですが先生の作品だけは違うんですね。
 
主人公と共に、心理も何もかも一緒になって読めるため、とても好きなんです。
 
そして、この年齢になっても変わらずドキドキしながら繰り返し読める。 
 
正直、毎回ドキドキしながら繰り返し読める作品はとても少ないです。
 
けど、茶木作品は読める!!
 
この違いは、ファンとしてもわかりません。
 
それが、全ての作品の魅力に繋がっていると思います。
 
そして、このネットという環境に感謝です。
 
先生からの御多忙な中のコメント、そしてブログや作品の更新。
 
とても幸せです。
[ 2016/03/03 05:57 ] [ 編集 ]
心がゆりうごかされるようなコメントを本当にありがとうございます。

今お母様がそのような状態であることを、なんと申し上げていいのかわかりません。
それでも、そこまで茶木作品を深く愛してくださって…。
作品達が、若くして大変な日常を送っておられる
葛葉様に、ほんの少しでも安らぎのティータイムの役ができれば本望です。

古書店さんで特別に注文してくださったというあたりは、私思わず涙が。

>実は、少女漫画は今でも嫌いですが先生の作品だけは違うんですね。

ここがまた素敵ね。
実は私もそんな感じです。あ、自分で言っちゃゴーマンですが~。


そうそう、先日葛葉様からコメントをいただいた、「悪徳の栄え」の続きを描きますという記事ですが、
葛葉様、ごめんなさい。いえ、いつかは描く予定です。
でも今ね、茶木はものすごくいい意味で混乱しているのです。
いえ、その混乱時期は既に通り過ぎ…。
私の頭の中を満たしていることがあります。
読者の皆様ももうなんとなくお気づきかもしれませんが…。
もうどうしようもありません。これはやるしかありません。やるでしょう。
やります。

そのことをもうすぐブログに書きます。
[ 2016/03/03 08:00 ] [ 編集 ]
銀の鬼から始まり、姫と真珠姫はあとから読みました。
他、タイトルがわからないのですが、主人公が小さい頃シーソーのような公園遊具に必死で捕まって男子に虐められてるシーンありませんでしたか?なんだかもうぞくぞくするシチュエーションでした。
[ 2016/03/08 12:24 ] [ 編集 ]
うな様

>私も銀の鬼からです!

やはり、うな様のように若い方はそうなんですね。
本当に私、最近までそのことに気づきませんでしたよ。
でもそれでかえって、これからが楽しみになってきたわ!
茶木の過去作は、たくさん復活していきますから。
「絹のヒーロー」もぜひお読みになってみてください。
フランス映画好きの、うな様はきっと気に入ってくださると思います。
でも別にフランス映画的ってわけじゃないけれど、なんだかねオシャレなんですよ。
陸上短距離が絡むにしては。ファッションもムードも、人物たちも。
そして恋の戦いでドロドロした所があって。あ、そこがフランス映画的かも。なんてね。


> 他、タイトルがわからないのですが、主人公が小さい頃シーソーのような公園遊具に必死で捕まって男子に虐められてるシーンありませんでしたか?なんだかもうぞくぞくするシチュエーションでした。

「あなたのプロフィール」ですね。それも復活します。
茶木はいじめっ子の愛が好きですね。ほんとサドとマゾよね。
でもそのいじめられっこ少女も、南の島で丈夫に育ち、タコと格闘するほどになるのです。
元ネタは誰のことでしょうね?
昔のコミックスに直接修正したりしてるんです。もう原稿がないものは。
過去作たちは26年間も闇に葬られていたんですね。作者が無知だったので。
でももしかしたら、むしろ今の時代の方がおもしろく読んでいただけるかもしれないですね。
そんな運命なのだと信じることにします。
[ 2016/03/08 16:01 ] [ 編集 ]
先生ありがとうございます(〃ω〃)
こんなふうに先生とやり取りできるなんてことがもう・・・過去に戻って小学生の自分に自慢したい!
「あなたのプロフィール」ですね!今、Amazonで画像確認したら記憶の中の少年がモロに表紙で「おおお!」となりました。漫画って連載終わるとどんな名作でも本屋に並ばなくなるのが口惜しいんです。復活万歳!
「絹のヒーロー」も、先生の評を読んで読みたくなりました。
[ 2016/03/09 10:44 ] [ 編集 ]
うな様

こちらこそありがとうございます。
うな様からも、読者様達からも、私は計り知れないものをいただいています。
コメント欄やツイッター等でもっと皆様とお話したいですね。
茶木作品をよくわかっていてくださるのは、茶木本人よりも
皆様の方だって思います。
自分では気付かなかったことを教えていただいたりして。
あ、それって、サバさんの言葉が、きゃら本人も忘れていたこと思い出させた…
というのに似てますね。

時代は変われども、
うな様のような若い方にも受け入れられているという事が
たまらなくうれしいです。

そう「絹のヒーロー」ですよ。茶木の頭の中は今そればかり。
眠ってても、何度も目が覚めるの。いい意味で混沌としてるの。
あれやこれや、これやあれや~~~~~なの。
そしてある日はっきり形ができるんでしょう。
「銀の鬼」大好きな読者様達をいかに「絹のヒーロー」にも向いていただけるようにするか!?
いえね…根本は同じですよ。
十年さん=絹彦さんですよ。心に傷を持っている…そして苦しみ続けている。
同じです…。
[ 2016/03/10 12:04 ] [ 編集 ]
ぴよみん様

コメントありがとうございます。


> 2巻の分は 抜けてますか?

茶木が自費出版したピンクの本をご購入くださって本当にありがとう!
ピンクの本のページ数は、朝日文庫上の半分以下です。


> 銀の鬼1,2が 文庫版上 3,4、が中 5,6が 下ですか?

そうです。Kindle版「銀の鬼1」とピンクの本が同じページ数です。
ピンクの本は実はその先が2,3,4,5,6・・・・・・・・と
続けていきたかったのですが、資金不足で挫折しております。
本当に本当にごめんなさい。

ですので、文庫上をお読みにならないと、ピンクの本の先はわからないということになります。
このようなことになってしまって反省しております。



[ 2016/03/12 18:58 ] [ 編集 ]
ぴよみん様への、私の返信の前半部分が

何度も不正投稿になってしまって、送信できませんでした。

やはり鬼とか、性とか・・・いけないのかしら?

とにかく後半のご質問にだけ答えさせていただきました。
[ 2016/03/12 19:04 ] [ 編集 ]
鍵コメ様

コメントをありがとう!

やはり一部分だけの削除はできないようでした。
もったいないけれど、コメントごとね。

それはそうと、昨日のコメント欄はどうもやはりおかしかったようです。
他の読者様の分も文字化けしてしまって。
そんな時もあるんですね。
[ 2016/03/13 11:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。