茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

160pになったぴょーん 

原稿制作が終了した瞬間、泣いてしまった作品は今までに2作です。
胸が熱くなって涙ぐむ程度はどの作品もだけど、肩震わせて泣いたのがですね。
昔の週刊連載「銀の鬼」最終回と、復活後の「銀の鬼」13でした。
作品内容がそうさせるというよりは、自分のそこまでの日々の深い思い…が、
作品内容と溶け合って、そうなるんでしょうね。

そしてそんな涙の終了日を迎えるだろう3作品めは、この「絹のヒーロー」第4巻となるでしょう。
あれから重要なシーンがまた増えて、ついに160pになりました。
あまりネタばれになってはいけないので、ちょっとしか言えませんが、
この作品を再考したことで私は人と人の愛について、多くの事を気づかされました。
前記事でヒロイン瞳の深い悲しみに注目してしまったのは、つまり私が女性であるからで。
冷たくした側の絹彦さん、つまり男性の気持ちについては、できる限りの想像でしかないとも言えます。
でも以前もブログに書いたように、私は女性ではあるけれど、若い頃から母親を養い、家族を援助しなきゃならないという運命におかれたせいか、精神的には割と男性に近い部分があるんですよ。
ブログでは本当の事を全部書くわけにはいきませんので、言いたいことが伝わらないとは思いますが。
言えることはね、人からあてにされる事の辛さをよく知っている。ってことです。
いやだとスパッと断ってしまいたくても、できない辛さを。
それが男性的立場という表現が当たっているかどうかはわかりませんが、程度問題はあれど、そんな感じでしょう。

そういう私の目線で絹彦さんの行動の不可解さ、冷たさを見ますとね・・・
よくわかるんですよ。ああ、男性なんだなって。
瞳の愛に甘えている所もたくさんあって、許してくれ、わかってくれって叫んでいるような気もいたします。
でもやはり女性だって辛いですよね。いえ女性だからこその辛さってありますよね。
男性の絹彦さんにはわからないところ…。

そういうふたりの愛が、今創作中の完結編第4巻でどういう答えを出せるか?
最後までネームをやって、その答えはもう出ていますが、大切なのはそこまでのプロセスですよね。
茶木が絹彦と瞳の愛を通して気づいた愛は・・・
男女ともに本当は弱いのだって事です。一人一人はね。
自分だけが弱くて相手は強い、だから自分はひどい目にあわされてると、案外誰もが思ってる。
でも違う、女性は弱い。でも男性も弱い。
そのことにお互いが気づけたら、気づきあえたら…。

気づきあえる事、それが愛ではないかと。

くっつくとか、離れるとかは、別問題だと。


kindleストア茶木のページ←こちらからどうぞ

「母なる男2巻」の本もよろしく!←こちらからどうぞ
(母なる男2巻の本、少し在庫が残っております。←なぜこうなった?実は1巻より発行部数が多いからです。1巻はもう在庫なしですし、困ったわん。未読の方がおられましたらぜひよろしく)1巻はKindle版でぜひ!!

Twitter茶木のページですねん

スポンサーサイト
[ 2016/05/20 12:58 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(9)
ケータイで銀の鬼の無料を発見し、何気なしに読んでみたら凄く面白くて文庫版を上中下購入しました!つづきが気になって仕方ありません。続きは目覚め?になりますか?連載当初は私が生まれる前でしたのでびっくりでした。何十年たっても色褪せない作品って凄いなと思います。銀の鬼をきっかけに茶木先生が好きになりました!これからも素敵な作品を楽しみにしています。
[ 2016/06/09 11:28 ] [ 編集 ]
先生、ご無沙汰しております。

合間を見て、先生のブログを拝見していましたが、公私共々バタバタしていて久々のコメントになります。

先月は、過労で病院にかかっていました(元々、甲状腺が悪いと言われてましたが疲労は厳禁とのことで、低い血圧が100を切ってフラフラでした)

そんななか、やはり母親のこともあり帰省したりしていましたが、体力の衰えを感じています。

それでも、先生の作品を読破して癒しと疲労回復の源にしていましたが、逆に先生のことがとても心配です。

ここ数ヶ月、ブログの更新もされていませんし、何かあったのかと心配しています。

筆まめな先生が、これだけ更新されていないことも有り得ませんし(作品の更新にお忙しいとしても)かといって、このブログでしか先生との繋がりがない私としては、とてももどかしい気持ちです。

こういう時に、ブログでしか気持ちを伝えられないことに不安と苛々が募る一方ですけど、先生の作品は滋養強壮。

先日の帰省の際は、全てを読み直して(擦りきれましたけど、やはり滋養強壮っす)スッキリしました。

そんな先生のブログが更新されていないことに対して、またブログでの繋がりしかないことに対してやりきれません。

それでも、ブログを通じて近況やコメントを頂くことも滋養強壮ですが、とても心配しています。
[ 2016/09/27 03:46 ] [ 編集 ]
auブックパスで先生の作品特集やってて、嬉しくて課金しまくりで、読みまくりました。銀の鬼で泣いたり絹のヒーローでも泣いたり辛くなったり最後ハッピーエンドで、嬉しかったです!
[ 2016/10/12 18:25 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。

前回のコメントから数日おきにログインしていますが、筆まめな先生のブログも更新されておらず心配しています。

繋がりはここのみですし、先生に何かあったのではないかと思うと毎日不安です。
[ 2016/11/02 20:44 ] [ 編集 ]
茶木先生、元気にしておられますか?

もうずーっとずーっと
ブログの更新がないので心配しております・・

一言だけでもいいので
元気でいることを公開してもらえたらなあ・・(T_T)
[ 2016/11/15 11:02 ] [ 編集 ]
日課のように更新を楽しみにしていますが、これだけ更新がないとなると(先生はマメな方なので)不安しかありません。
もし、体調を崩されたにしても御家族の方からのコメントがないのかなど毎日とても不安です。
更新も楽しみにしていますけど、何よりここで先生からのコメントを頂けるのが楽しみなんです。
最近、またつらいことがたくさんありまして作品を読んで勇気を頂いているとはいえそろそろ限界だったりします。
体調大丈夫ですか??
ただの一ファンですけど、何か出来ることはありませんか?
[ 2017/04/07 04:53 ] [ 編集 ]
こんにちは!
子供の頃からの銀の鬼ファンです。
今はアメリカに住んでいるのですが、単行本もしっかり持ってきています。最近、銀の鬼の続きがKindle版で発売されていることを知ったのですが、アメリカからは買えないようです。
Amazon.comにものっていないので、日本のKindleの設定で、アメリカからも買えるようにしてもらえませんか?
よろしくお願いします!
[ 2017/09/01 11:02 ] [ 編集 ]
銀の鬼48読みました!
また連載が続きますように。
[ 2018/02/02 20:36 ] [ 編集 ]
いつもステキな作品を頑張って描いてくださりありがとうございます。
仕事疲れの後に読んでホッとさせていただいてます。
更新が止まっているみたいで心配です。どうか元気でいて下さい。ツイッターをしてないため、コメント欄にて失礼いたします。
これからも応援しています。
[ 2018/03/24 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム