茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

江戸紫ひでみ 

ではここいらで来週携帯での発表となる
「銀の鬼目覚め4」=「銀の鬼12」のプチ予告をばさせていただきまふ。
と言ってもですね、ある人物の紹介ですが。


「銀の鬼」は
神秘的な女性ふぶきの愛が
恐ろしい鬼の十年を動かし
邪悪と戦うストーリーです。


なんて言っちゃうと、まず邪悪の存在がいて、
それを十年がバシビシやっつける~~~
みたいな展開になるようにお思いでしょうが、
そうわかりやすい作品ではないのです。
あ、もちろん読むにはサクサク読めますよん。
サクッと読めて後でじわじわ、じわわ~~~というのがオイラ好きですの。


あ…長くなっちゃってすみませぬ。そう、邪悪です。
でも「銀の鬼」には決定的邪悪の人もいはしないんですよ。
それは現実のこの世がそうだから。
「銀の鬼」は虚構ですが、無理やりつくった嘘には茶木は興味ないんですの。
「銀の鬼」にいる邪悪は曖昧な邪悪です。
曖昧は日本の大きなテーマだと思う茶木なんですの。


でまあ、そういう存在として今回から登場してくるのが
江戸紫ひでみ(えどむらさき ひでみ)という男です。
ちゃんちゃんことジャージ姿のおにーさんが
前回銀の鬼にほんのちょっと出ていたのを
覚えておられる方もいらっしゃいますでしょう?
あれです。


あれはかなりの曲者です。
だまし絵のような男です。
でもその本領が見えてくるのは「銀の鬼13」なんですよね、まったく。
いつの日か皆様にそのサクッとゴクン、やがてじわじわ、じわわ~~~
という恐怖を味わっていただきますよ。ふふ


私は銀の鬼シリーズを愛しています。
強い愛です。
愛はすべてをなるようになすでしょう。





スポンサーサイト
[ 2010/04/22 09:55 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。