茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか(堺屋 太一) 

皆様の心からの応援コメントをいただき、本当に嬉しく思っています。

最近知ってくださった銀の鬼、マジで面白いですか?ああ嬉しくって死にそう(死なないけど)!
茶木は100歳以上生きて作品を描き続けますと言ってくださいますか?
私の作品は奥が深いと言ってくださいますか?ドはは嬉しっす!
”上手い下手じゃなく、作品世界に読者を引きずり込む力が有るか無いか。それだけですよ。”←勝手に引用


ありがたいです。パワーが湧いてきます!


さて私のブログも佳境に入ってまいりましたよ。と自分で言ってるだけですが。
おっ一体何なんでしょね?今日のタイトルってば。何だかすご~い。
「組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか 」

この本はですね、私が彷徨いの15年間に読んで最高と思えた3冊の中の一冊なんです。
もう2冊は
このブログでも記事にした「タテ社会の人間関係」中根千枝
そして岩波文庫の日本文学「黒髪」近松秋江(ちかまつしゅうこう)です。

最後の文学はちょっと別にして、あと2冊はこの日本の社会学と言える本です。
15年間を生きるためにはとても必要な本でした。
この国を冷静な視点で見る事で認識を深め、励まされてきました。
「タテ社会の人間関係」の方はある程度記事にさせていただきましたので、
今日は「組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか 」堺屋 太一
を通して見えてきた社会と人生観についてちょっと私なりに述べさせてください。


あ、ちょっとタイム。今日は雪まじりの冷たい雨のようです。
天候が悪化しないうちに買い物に行ってきます。
こんなおバカなブログです。蔑んでください。ではまた後ほど。



とても生意気に思われるかもしれませんが、私は作品制作において
ボランティアの方に手伝っていただくことはしません。
有料のアシスタントも今は全く必要ないです。
個人ですべてをやる主義です。
人を使える器ではないというのもありますが、何よりも共同体化するのを恐れるからです。

共同体と機能体。
それが堺屋太一氏の本「組織の盛衰」の大きな構成要素です。
共同体は組織の発展よりも、その中の構成員の満足(何らかの利益)が目的となる。
機能体は社会に向けての組織の目的達成と組織の利益が目的となる。

わかりやすい例では、共同体は趣味の会など。機能体は会社。


私が恐れた共同体化の弊害とは、構成員の中で縦社会ができてしまうことです。
それがこの国の人々の自然な成り行きといっても過言ではないです。
そこに権力が生まれます。
一時的には利益的にもある程度発展拡大して行くでしょうが、そこまでです。
それ以降は衰退の一途をたどります。
そして何より恐ろしいのはその文化そのものの衰退につながることです。
そういう流れをこの本は論じています。


そのように共同体と機能体(会社、企業)は違う性質を持っている筈なのですが、
でも堺屋氏はこうおっしゃっています。
機能体の共同体化が起こっている。と。

つまり組織のいろんな利益や目的を目的とする企業が
その構成員、つまり社員の何らかの利益や目的が目的となってしまっていると。
企業の権力者による私物化ってやつでしょう。
縦社会の性質上、力あるものには逆らえないという生き方はすべての人のやる気をなくすと思います。
文化の発展より権力を得る事ばかり意識する人間だらけになっていくと。
で、文化は衰退します。


でもそんなことは企業の優秀な方達は十分ご存知だと思う。
わ~かってるよ!でも俺は変わらない。ほっといてくれ余計なお世話。
なんて声が聞こえてきそう。



うん、まあそれもいいよ。と私は思う。
個人で作品を作る楽しみは残っているから。
拡大発展しなくても、作品はまずそれが大事だから。
今の漫画界に何も期待などしない。

ただ私のいた古巣S社には芸術家といえる編集者がたくさんおられました。
知性あふれる方達が本当に。いい時代でした~。
だからあそこまで発展したんでしょうね。
でも量的にはあまり発展してほしくないというのが私の勝手な思いです。
作品そのものを大切にしてほしい。本当に素晴らしいのだから。
そんなにもうからなくていいじゃんですかね。
余計なお世話のおんぼろジョーカーのつぶやきですがの。


生きるためには人は皆多かれ少なかれ芸術が必要だと思うけど、
中でも編集者というのは芸術性がなくてはならない存在だと思う。
芸術ってさ、人間って意味だよ。
不幸なシステムの中でも“ゆらぎ”の生き方ができる人間ってことだよ。
”ゆらぎ”って奇妙な動きだよね。
変でもあるよね。


そう、変なんですよ。







                (17:50)
スポンサーサイト
[ 2011/02/11 11:20 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。