茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天中殺に描いた「銀の鬼」、そして今も 

ジグソーパズルのピースの位置がピタリピタリと決まりだした感じって感じ?

「銀の鬼13」の原稿の進行具合です。
だんだん先が見えてきました。
でも背景がまだ下絵の所が多くて。その背景を描くのが結構好きで。
楽しんで描いています。


やはり30、31歳で描いた旧作「銀の鬼」の時よりうんと遅いです。描くスピードが。
でもあれは週刊連載で、何が何でもやらねばならなかったわけで。
それこそ命なくなってしまうかも…と思いながらでしたよ。
最初の頃は早く始めてた分いいペースで、なんとかなっていたものですが、
半年後くらいから先は、もうずっと微熱のある状態でした。
死んでもやらなければならないんだなという覚悟でしたね。
それにそれだけに集中していられたし、またしなければ大変でした。
親の介護とか、猫の介護とか、そういうのがない時期で助かりました。


だから今とはずいぶん仕事の雰囲気が違うようでいて、
でもふと気づいてみれば、同じなんですね。
旧作の時も本当にこんな風に一人でストーリーを考え、一人で原稿を描き、孤独の中で一人戦っていました。
担当様は「銀の鬼」連載開始から5週刊ノータッチでした。まあそれには事情もあったのですが。
だから私はまず5回まで自分だけの判断でストーリーを進めたんです。
その後も打ち合わせはなく、出来たネーム(ストーリーのコマ割り)をファクシミリで送ってました。
毎回一発OKでした。またあれこれ悩んでいたら、時間オーバーでしたから。
でもどうしても行き詰まった時、何回か相談に乗っていただきました。
一年半で何回かね。
でも大変頭のいい方で、本当に助かりました。
いつもは助けてくれないんです。ほっぽって置いてくれるんです。
嫌味じゃないんですよ、私はそれで本当にやりやすかったんです。
その放任主義のおかげで「銀の鬼」は出来たんです。
ごちゃごちゃ言ってくる担当様だったら、いろんな意味で失敗してましたね。
懐かしいなあ。
そういうやり方は今の漫画界にはないのでしょうねえ。
あ、大御所の先生は別でしょうが。



そしてね、もうひとつ旧作「銀の鬼」との共通点があるんです。
それはこの「銀の鬼13」に限っての事ですが。
どちらも私の天中殺中だってことなんです。


私は寅卯天中殺で、去年の2月から来年の2月まで(月天中殺含めて3月末まで)です。
天中殺について詳しく語るのは時間がないのでやめます。
とにかくあまりいい感じはないですね~。
旧作の時はまるで走りながら描いたのじゃないかというくらい忙しく、
この「銀の鬼13」は去年母とチェリーのダブル介護で家の中で走って暮らしてたくらい忙しく、ついに作品描きを長く中断しました。
母と猫達の死も天中殺現象の内かもしれませんね。


旧作「銀の鬼」は本当はかなり人気も評判も良かったという事を私は全く知りませんでした。
私には伏せられていました。
それから何作か後に私は漫画家をやめたので、本当に長い長い間、知りませんでした。
読者の方達が「銀の鬼」をどのように思っておられたのかを。

つい最近ですよ。文庫化されたり、電子化されたりして、ネットでいろんな情報を知ることができ、
何だか「銀の鬼」は読者様達の心に長く残っていたらしいとわかってきたんです。


それもまた天中殺現象なのかもしれませんね。
何故そんなことまで隠すのか?やる気につながるから教えてくれればよかったのに。
ただね、数字的な実績は知らずとも、私自身はやはりのっていましたね、「銀の鬼」は。

編集部もずっと続けてくださいと言ってくださったし。だから人気は悪くはないんだろうなと想像はしてました。
でもなにか見えない壁があった。
それは今は私にはわかっているけれど。
でもなんであろうが、やはりあの時やめるしかなかったというのは変わらなかったでしょうね。


今も「銀の鬼13」を天中殺中に描いています。
長く中断していた大変な思いの詰まった巻です。
この作品の真価を知ることができるのも、ずっと後の事なんだろうなと思うんです。
時の神の審判に耐えられる作品でありますようにと祈りながら描く私です。


人気ブログランキングへ
  ↑
お慈悲を、ポチを、くださ~い!

スポンサーサイト
[ 2011/10/24 05:34 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(1)
素敵なコメントありがとうございました。まだまだ頑張りますよ。
[ 2011/10/24 19:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。