茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Amazonで個人販売に乗り出すか! 

「銀の鬼13」 166P ←公開中ですポチッとしてね。                   
                     銀の鬼ランドは今、雪が降っています。

--------------------------------------------------------------------------------------
拍手コメントへのお返事を記事の後に書かせていただきました。
コメントはコメント欄の方に。

--------------------------------------------------------------------------------------

毎日「母なる男」の作画を頑張っている私です。
やっと人物すべてペンが入りました。
今回は人物が多い~。私にしては。
これから背景と仕上げですの。だんだん漫画らしくなって行きます。


発表方法はですね、とにかく作品を自分で書籍化したら
Amazonの個人制作販売というのに申し込もうと思うんです。

ただね、問題が…。
「母なる男」は既に「銀の鬼目覚め2 幻の男」に68P収録されています。
それと、その続き69Pを一緒にして1冊の本にしますと、
銀の鬼目覚め2を購入してくださっている読者様達には大変辛い思いをさせてしまう事になるんですよね。
それは前からよくわかっていました。
わかっていても、どうしても「母なる男」を続けたかったんです。


それなら、まだまだ完結しないのだから、もっと先までの枚数を描いてからにするべきか?
今のところの69P分しか新たに読めずに1冊分では怒りが収まりませんよね?


ああ、ホントわかっていたのです。
ついにその時がやってきました。


もう少し考えながら、とにかく今の原稿69枚を描き上げますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・・のママ様
超お忙しい時期でしょうに、コメントをありがとう!
知的な毎日の中でホッと気を休めたいときには、やはりアホでロマンチックな茶木ブログに限りますよね。

あ、本はですね、69Pで一冊にするというのではなく、
銀の鬼目覚め2に既に発表してしまった「母なる男」68Pと
合わせて独立した一冊の本(約140p)にってことなんです。
でもどうであろうが、それでは銀の鬼目覚め2をお持ちの読者様にとっては、新たに読めるのが69P分という事になるので、そりゃ怒られちゃう~~~。
そうですね、ママ様もおっしゃる通り、もう少し先まで描いてからにしようと思います。
ここんとこずっと作品を発表できないままですが…。
そうですか、20年も待っていてくださったのだから大丈夫ですか。
嬉しいような、さびしいような…。でも無理しちゃいかんですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
葛葉 様
土曜日がお誕生日ですか~お若いんですね葛葉様 、おめでとうございます。
そうですよね、「銀の鬼」も「母なる男」も本は第一回から一本化したいです。
「銀の鬼」は長ーくなっていますので、なかなかおいそれとは行かないですが。
「母なる男」はまだ始まったばかり。
少しでも早く本にしたいものです。とにかくまずは描かねば!


スポンサーサイト
[ 2012/10/05 11:34 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(7)
小学生だった古い記憶を掘り起こしてダメ元で銀の鬼とググったら復刻と新作を発見して即買いしたのが先週でした。
今日茶木先生のブログにたどり着きました。
が、銀の鬼 目覚め3の続きはどこにあるのでしょうか?
書籍として発刊されるのが一番嬉しいですが、とにかく続きが読みたいので私の様にどんくさくてもたどり着ける様にして頂けないでしょうか?
[ 2012/10/10 07:05 ] [ 編集 ]
ダメ元で探してくださって本当にありがとう。
本も購入して読んでくださって嬉しいです。
銀の鬼 目覚め3の続きはどこに?というご質問ですが、
本当に寂しいことですが、現在存在しないんです。

銀の鬼 目覚め3の続きは紙の本にはなっておりません。
電子コミックにはなっておりましたが。
銀の鬼 目覚め4からに当たるのが、電子版「銀の鬼11」「銀の鬼12」
そして今当ブログで公開中の「銀の鬼13」というわけなんですが、
今年の早春に電子コミックの会社様が電子コミック事業をおやめになり譲渡された時に、茶木作品は契約解除いたしました。
その辺の事情は今までブログでも長く記事にしてまいりましたが、とても複雑です。
ただ、仮にもし私が譲渡に同意していたとしても、「銀の鬼12」以後は掲載されないままなので、作者としてはやめるしかなかったんです。

ややこしくなってしまいましたね。簡単にご説明しますと、
当ブログ公開中「銀の鬼13」の前の、11と12は今存在しません。
「銀の鬼14」色仕掛け74枚の原稿は出来ていますが、まだ未発表です。

作品「銀の鬼」の現状は以上のように無残なものです。
ただ言えるのは、売れ行きが悪くてこうなったのではないです。
読者の皆様にはご説明できない”出版業界の不文律と権力構造と仁義”というようなものがあるのです。

旧銀の鬼、新作銀の鬼、どちらも全身全霊で描きました。
いつかは日の目を見ることになると私は信じています。

長くなってしまいました。最後に以前の記事でも同様のご説明をさせていただきましたので、ちょっとコピペしておきます。
***********************************************
(2012年5月9日の記事より)
皆様、いつも応援してくださって本当にありがとうございます。
そして、大変申し訳ありません。
しばらく前にお約束した「銀の鬼14」のブログでの無料公開の件ですが、
私の事情により勝手ながら取消させてください。


かといって、自費出版や同人誌でというのも今はやめておきます。
と言うのも既にお知らせしましたように、
電子版茶木作品配信停止により
単行本以後の「銀の鬼11」と「銀の鬼12」が現在存在しない状態です。
(電子版を無期限で購入されていた方は別として)


作品「銀の鬼」は散り散りばらばら、切れ切れの無残な有様です。
それをそのままにして、どんどん先へ進めていくのは何だかたまらなく辛いんです。


そして自費出版や同人誌で「銀の鬼1」~「銀の鬼14」まで統合させる経済力が私にはありません。


でも、私はそのことで読者様達のご協力を得る道は絶対に選びません。
(いろいろ助言してくださる方達もおられますが、お気持ちだけありがとうございます)

読者の方には、本を購入していただいたり、無料公開で読んでいただいたりと発表方法は色々でも、作品をただ楽しく読んでいただきたいという目的を守るのが私の信念です。


それができない時は、発表しない道を選びます。


「銀の鬼」1~今のところ14までを
本で統合出来る時が来るまで、どうか待っていてください。


それまで私は今まで通りコツコツ描き続けながら、
2匹の猫達との暮らしを守って行きます。


皆様どうかお元気で
いつかまた…。

*****************************************





[ 2012/10/10 22:07 ] [ 編集 ]
銀の鬼を幼稚園の時でしょうか?誰かの家で読んで以来、
タイトルは忘れても、怖くて綺麗な銀色の鬼を忘れられなくて、
朧気な記憶を頼りにアレはなんだ、何だったんだろう?
と、五里霧中を探し続けて二十年近くが経ち、
ようやく手に入れるも、
銀の鬼には紆余曲折があった事を知ったり、
その中で最早絶版となってしまって、
私は手に入らないかもしれない、と思っていた、
最終話が文庫という形で手元に来て、
そして再び目覚めて、4巻はまだかまだかと待つ内に、
またもこんな事になっていたのですね・・・。

鬼を題材にすると、鬼に祟られる等と言いますが、
本当なのかもしれません・・・。
十年の複雑怪奇な運命さながらの銀の鬼の行く末が気になりますが、
いつかの形でも再び本として手元に来ますよう祈っております。

(´;ω;`)お婆ちゃんになる前に読めますように!w
[ 2012/10/11 15:18 ] [ 編集 ]
あははは!…って、笑ってはいけないですね。
でも愉快なコメントをありがとう!

>鬼を題材にすると、鬼に祟られる等と言いますが、
本当なのかもしれません・・・。

ここ、最高です。いや~祟られるというよりも、むしろ守られておりますよ私。
そして、名無し様や読者の皆様が私の人生を誤解なさっていたらいけないなと思い、ちょっと本心を述べさせていただきますね。
私ね、マジ幸せなんです。
なかなか本が出せなかったりするのに、なぜよん?
とお思いでしょうが。そうですね、本が思うように出せないのは確かに辛いです。
だからまあ、80%の幸せってところかな。描いた作品をどんどん本にでき、流通できたら100%です。

確かに色々苦しいこともあった。でも、それがなければ私は今頃、何も創作できなくなってると思います。
苦しいことがあるから何かが生まれるんだと思う。

世の中にはいろんな幸せがあると思います。
私の望んだ幸せは、夢を生み出すこと。面白い作品を作ること。
本当にそうなの。
若い頃は雑念も多くて、自分がいったい何を本当に望んでいるのかわからない時期もありましたよ。
でもトシを取るごとにいろんなものから解放されていき、
そして絶対に離したくないものがはっきりとわかった。

作品を描けることが何より嬉しい。
今、本当に。

あとは作品のパワーと、皆様がそれを読みたいと思ってくださるお気持ちが天に通じて、物事はなるようになるでしょう。
[ 2012/10/11 18:21 ] [ 編集 ]
銀の鬼と母なる男の続きいつまででも待ちます。
先生は私の大好きな作家さんです。
[ 2012/10/11 22:34 ] [ 編集 ]
丁寧なご解答おりがとうございます。
小学生だった私が再び出会うまでに約20年…現在小学生の娘がいます。
いつか孫ができると信じて娘と未来の孫と三世代で読むつもり…(笑)でいるので待たせて下さい。
いつまでも応援しています。
[ 2012/10/12 01:59 ] [ 編集 ]
郁様
ありがとうございます。茶木作品は読むごとに七色に味の変わる不思議な世界です。どうか今までの本をお読みになりながら、待っていてくださいね。


元・小学生様
古さと新しさをあわせ持つ茶木作品は、いついつまでも不滅なのです。応援ありがとうございます!
[ 2012/10/12 08:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。