茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「マダム・ソレイユ」本はデザイン両方使いました 

「銀の鬼11~14巻」発売開始のお知らせです。

Amazonでのご購入は ←こちらから

在庫補充されたようです。
在庫切れのためにお届け日を延期されてしまった皆様、本当に申し訳ありませんでした。
これからでも「銀の鬼11~14巻」を読んでみたいと思ってくださる方、どうぞよろしくお願いいたします。
既に読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。よろしかったらいつでもご感想など書き込んでくださいませ。

↓今日の記事はここからです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------




読者…紅様からお返事いただきました。コメント公開OKですって。
本当にありがとう、嬉しいな。では早速、最初のコメントから。
そして2通目のお返事にもソレイユ本のデザインの事が書かれていたので、そちらも。

>お久しぶりです。しばらく来れない内に色んな事が動いていて、何よりブログが画像満載で驚きました!まず、マダム・ソレイユの装丁がとても素敵ですね!本当に高級チョコが入っていそう。漫画とイラストは違うしイラストとデザインも違う、というのが私の考えにも関わらず、漫画しか描いた事のない私に「デザイン」を頼む人が結構多くいるのですが、やっぱりプロは違うなあ…なんて改めて思いました。(一応会社でデザイナーをしてたので、プロだった時期もあるんですけど)それから、「母なる男」は失礼ながら未読だったのですが、生原稿を拝見できるとは!(ネットを通してですが!)そしてすごく面白かったです。「母なる男」ってそういう意味だったんだなあと。私は結婚願望が殆どないのですが、そういえば、「お母さん」みたいな人と結婚したい、と思っていた時がありました。今でも、そんな人が現れたなら結婚したいのですが(笑)そういう気持ちが正しいのか、間違ってるのかわからないけど(自分の場合、依存に繋がる気がして)何となくスッキリした気持ちになりました。でも、「あんな人は現実にはいませんよ!」と言われちゃいそうですね~。でもいいんですそれで。


>こんにちは!記事に書かれているのは、ひょっとして私のことでしょうか?このタイミングでこの名前ということは、おそらく私だと思うのですが、私、そんなに人様に感銘を与えられる(←そこまでは言ってない)ほどの文章書けたかしら、別人のことではないかしら、なんてしばらく考えてしまいましたが、私だと思うことにします!私のコメントでしたら、一部でも、全文でも引用して下さって構いません。マダム・ソレイユの装丁は、黄色の方も向日葵を思わせてとっても素敵で捨て難いと思ったんですが、どうしてもどちらか一つ、だったら私もやっぱり赤を選んだと思います。実は先日、私も人に頼まれたデザインを作っていたのですが、途中で偶然出来た別バージョンの色も捨て難くなってしまい、結局2つともお渡ししました(笑)でも、本だと1つに決めないといけませんもんね。デザインって本当に大変なお仕事だと思います。私にはやっぱり無理~と思う反面、デザイナーって素敵だなあと思う気持ちも芽生えました。昔は辛いばっかりだったんですが…困難なものを達成した時の充実感はたまりませんね。…なんか話がそれてしまいました(笑)


…紅様、そして皆様、
「マダム・ソレイユ」の本は表紙に赤の方を、そして中の口絵に黄色の方を、
両方とも使わせていただきました。やはりどちらも魅力的ですものね。
…紅様のコメントはWEBデザイナーさんにもぜひ読んでいただきたいと思ったものですから、公開をお願いしてしまいました。

「母なる男」への感想もありがとうです。

>自分の場合、依存に繋がる気がして

そうかもしれませんよね。特にヒロインきゃらさんの場合、生まれたばかりで母親を亡くしてるだけに、その思いは理想化されたものになってしまう。
優しくて自分への深い愛の持ち主(ひたすら願望ですが)、理想の母像。それをあろうことか男性に望むとは!
しかしいたんですねえ、漫画だから。←それを言っちゃあオシメエヨ

でも母なる男サバさんは、普通の運命の人じゃありません。悲劇の運命に生きている。
大物ヤクザの隠し子、じゃなくて隠し孫だったわけで。
それゆえに最初から恋を拒否されてしまったわけで。自分は誰とも関われないのだとサバは言う。死ぬのを待ってるだけの男だと…。
そんなことに負けるきゃらさんじゃありませんけどね。きゃらさんにとって恋は恋。
深い深い湖よりも深く恋に落ちてしまった、サバさんに。
その通り、依存につながりやすいですよね、そんな恋。もしかしたらサバさんのその悲劇性に酔っているんじゃないかしら?

でもね、まあいいじゃありませんか。
恋ってさ、結局どの恋も依存かもしれないもんね。
そこから苦しんで、学んで、のたうちまわって。人を愛することを覚えていくものかもしれない。
どれだけ相手を愛せるか、どれだけ自分を愛せるか、どれだけ周りの人々を愛せるか・・・。
他者と自分自身を知ることの始まりよね。恋って。


「母なる男」の立ち読み32Pは、ブログ左側のpixivバナーから入ってお読みくださいませ。
「銀の鬼」シリーズと「変な探偵」と一緒に入ってます。


ポチっとよろしく



スポンサーサイト
[ 2013/02/17 17:12 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(10)
どこに書き込んでいいのかわからずここに書かせて頂きます。私は、今小学生の女の子を持つ母親です。
私が小学生の時に銀の鬼を知り夢中で読み全6巻を今も大切に保管し漫画を読む年齢になった娘が銀の鬼にはまり今何回も読み返してます。
そんな娘を見て何気にネットで銀の鬼を検索したところまさかまさかの続編が出てるとのこと!!!ほんとにほんとに衝撃的でした!!!
あれから何年???

ぜひ、娘と共に続きを読みたいのですが、
最初の6巻まで持ってるのですが、一体今は何巻まで出ていてどれを買えばいいのでしょうか??上、中、下のものや11~14巻のがでていてどれを買えばいいのかわかりませんので、教えてください!!お願いします!!!
[ 2013/02/17 21:16 ] [ 編集 ]
コメントをありがとうございました。はじめまして茶木ひろみです。
昔、銀の鬼を好きでいてくださって、今はそれがお嬢様に受け継がれているなんて、本当に嬉しく思います。
昔の銀の鬼はグリム童話を更に更に怖くして、甘い恋で包んだような世界です。小学生のお子様でもお読みになれますが、ストレートに残酷なシーンもありますので、ぜひお母様が支えてあげて下さいませ。特にキュン太殺しのシーンとか。
でもそんな心配は ロールママ 様にはいらないことでしょうね。
25年以上も銀の鬼の本を大切にしていてくださった方だから。


銀の鬼終了後、20年近く経って文庫化されたのが
朝日新聞出版ソノラマコミック文庫の「銀の鬼」上中下です。
これは集英社コミックス6巻分に、ラスト15P描きおろし「銀の幽霊」をプラスしたものです。下巻の終わりに入ってます。

その後、新作続編を描きました。それがブッキング刊の
「銀の鬼・目覚め」
「銀の鬼・目覚め2-幻の男-」
「銀の鬼・目覚め3-罰-」
の3冊です。
その3冊は在庫限りの販売となります。もうすでに在庫切れになっている巻もあります。中古本はあるようですが。

そしてその続編が「銀の鬼11~14巻」となります。自分で出版しました。
こうしてみると、本のタイトルと第何巻なのかが、統一されてなくて、本当に分かりづらい事と思います。申し訳ありません。
出版社が旧作、新作、それぞれ別れてしまいましたので、このようになってしまいました。


内容はソノラマ文庫「銀の鬼」上中下が「銀の鬼」1~6巻に当たり、
ブッキング「銀の鬼・目覚め」シリーズが「銀の鬼」7~10巻に当たります。

そして私は最新作「銀の鬼11~14巻」の次に
「銀の鬼」1~10巻までを一本化することに既に着手しています。
電子コミックでは既に一本化しておりますが、やはり本というのはいいものですよね。
自費出版で本での一本化の悲願を実現させようと頑張っています。
表紙デザインや巻の区切りが既刊本とは違います。自分の好きなように作っています。
その第1巻を来月発売開始いたします。


長くなりましたが、ロールママ様のご質問に忠実にお答えしますと、
昔の「銀の鬼」以後の描き下ろし15P「銀の幽霊」から、もしもお読みになってくださるのでしたら、
ソノラマ文庫「銀の鬼」下巻
そして次はブッキング「銀の鬼・目覚め」シリーズ3巻
それから「銀の鬼11~14巻」
という事になります。
ややこしくてごめんなさい。

[ 2013/02/18 10:45 ] [ 編集 ]
早速のお返事ありがとうございます!!

実は、今現在も別部屋で娘は銀の鬼を再読中です(笑)
何回も何回も読んでついには「あーなんで銀の鬼終わったんやろ~~~十年とふぶきが死ぬなんて~もっともっと続きが読みたいー!!」と叫んでいます。まだ。娘には続きがあったことは、内緒なのです!

どれを買えばいいのか、悩んでいたので買ったものの、途中が途切れたりしては、ますます娘がうるさそうでしたので(笑)

ですから、茶木先生ご本人に、こうして明確なお返事頂けたので本当に嬉しいです!!すぐに購入します!!

14巻より先はまだ続いてるのでしょうか?続いていて欲しいけど、最後までも一気に読みたいような複雑な心境です!!

娘の心配までしていただき本当にありがとうございます。私も娘が読みたい、言い出した時には「ちょっと怖いシーンもあるよ」と言ったのですが、パラパラと見た時点でかなりはまっていたので、大丈夫!!と言って読み出しましたし、読んでからも大丈夫でした^^

今では毎日「銀の鬼」クイズをしたりしてます。「銀の鬼と青い鬼はどっちが強いでしょうか?」とか「十年が寛子に使った偽名はなんんでしょうか?」などです。毎日クイズ出して~!と言われますがさすがにそろそろネタぎれです(笑)

長くなってしまいすみませんでした。色々溢れ出る気持ちをお伝えしたかったので…。

これからも、お体に気をつけて素敵な作品を書き続けて下さいね!!
[ 2013/02/19 19:41 ] [ 編集 ]
本当にお二人でそんなに熱心に「銀の鬼」を読んでくださってるなんて、私も嬉しくてたまりません。
「銀の鬼」の続編からはまずお母様が先にお読みになって、それからお嬢様に…というのをお勧めします。
と言いますのは、目覚め3で過去の十年の悲劇が出てきますが、小学生にはどうでしょうね…という部分があるからです。ネタバレになりますが、男色めいた意味合いがあります。
それから目覚め2は小学生にはかなり難解かもしれません。第二次世界大戦直後のエピソードとか、舞台劇のオーディションとか出てきます。でも目覚め1や3はむしろ読みやすいかもしれません。
その後が「銀の鬼11~14巻」になりますが、このあたりで私もやっと調子が出てきた感じです。エンターテイメント作品になったと思います。
14巻より先はまだありません。今のところ最新作です。
でも、それなりにいい所で続く!になっています。どうぞお楽しみに。


[ 2013/02/19 20:48 ] [ 編集 ]
娘のことを色々配慮して下さり本当にありがとうございます!!
丁寧に色々ご説明までして頂き本当に感激です!!

早速購入しようと思ったのですが、目覚め2だけが、中古しかないようで、どうしても新品を欲しいので、来月から新しく一本化された1巻きが発売されるとのことなので、そちらを1巻からまたそろえようかな…という気持ちも芽生えてきたのですが、7巻が発売されるのは、かなり先ですよね…??^^;

娘には、勿論まだ内緒なので一人で悶々と悩んでいます^^;


[ 2013/02/20 12:35 ] [ 編集 ]
>7巻が発売されるのは、かなり先ですよね…??^^;

目覚め2は「銀の鬼9巻」になると思います。
そうですねえ。かなり先ですね。
そこまで無事に進んでいけるかどうかもまだ分からないという情けない茶木です。自費出版の悲しさです。
すべては第1巻の結果次第という感じです。
ほんと、お恥ずかしいです~。
でもお嬢様が少しでも成長されるのをお待ちになるのもいいかとは思います。

[ 2013/02/20 14:14 ] [ 編集 ]
お忙しいのに度々のお返事ありがとうございます!!

自分が小学生時代に出会いずっと大好きだった十年&ふぶきに再会出来ることを知ってしまった今、やはり長時間待つのは、私には出来そうにないので目覚め2だけ中古で我慢して、もし銀の鬼9巻が出た時にはそちらも購入しようかと思います!!

茶木先生のアドバイス通りまずは、私が読んでみてから娘に見せる時期など考えますね!!

本当に何度もご丁寧にご返信ありがとうございました!!
ネットが自由に使える今の時代に感謝です!!(小学生の時は、まさかまさか自分が直接茶木先生とお話出来るなんて想像もしてませんでしたから)

ちなみに、娘は今日は1巻読んでました^^

お返事は不要ですので…お体に気をつけて素敵な漫画を描き続けて下さい♪
[ 2013/02/20 19:46 ] [ 編集 ]
もう14巻までは、注文してウキウキと到着を待ってるのですが、ふと疑問が沸きまして…。

茶木先生は、「「銀の鬼」1~10巻までを一本化することに既に着手しています」「その第1巻を来月発売開始いたします。」とお返事下さいましたが、14巻の続きは、もしかして第1巻から発売されるものが15巻目(現在の14巻の続きの巻)になるまで見れないということでしょうか??

私はいつまでも待ち続けますが、もし1巻から発売分でしか14巻の続きが見れないのなら、娘には今はまだ内緒にしておこうかな…とも思ったりしまして…。

本当に何度も何度も質問ばかりで申し訳ないのですが、お返事急ぎませんのでよろしくお願い致します…。
[ 2013/02/20 23:33 ] [ 編集 ]
>14巻の続きは、もしかして第1巻から発売されるものが15巻目(現在の14巻の続きの巻)になるまで見れないということでしょうか??

ロールママ様、心配させてしまってごめんなさい。
全くそんなことはありませんのでご安心ください。
銀の鬼14巻の続きは今のところ後回しにして ←オオ~生意気な言い草ですねえ、茶木ってば
私は今「母なる男」というミステリーコメディ・ラブストーリーにのめり込んでいます。第3回分までをまず1冊の本にしました。
(ただこの本の第1回と2回の分は「銀の鬼目覚め2-罰-」に収録されています。第3回70Pをくわえて1冊にしました。「銀の鬼目覚め2-罰-」ですでにお読みになった読者様達にツライツライ思いをさせてしまってる私なのです、申し訳ないです)

「銀の鬼目覚め2-罰-」が既に在庫切れで、私はそれ以上の契約を出版社様とはいたしませんでしたので、今はそれも許されるわけですが。
とにかく大好きな作品なんです。ちょっと前半文字が多くて読みづらいのが難点ですが、後半に行くにつれてだんだん漫画らしくなっております。

その第4回を今作っているところです。でもね、この「母なる男」も「銀の鬼」もマイペースで描きます。自分ももうトシですし、2匹の飼い猫達がもうすぐ20歳という高齢でして。世話に追われています。最後までできるだけのことをして見守りたいと思ってます。

「銀の鬼」シリーズを注文してくださって、本当にありがとうございました!
[ 2013/02/21 11:57 ] [ 編集 ]
本当に何度も何度もご丁寧にお返事ありがとうございました!!

先生のお返事を読んで安心しました^^

いつまでも、待っていますので先生のペースでご無理のないように描き続けて下さい♪

先生のブログを拝見していれば、15巻が発売されれば分かりますもんね♪

先生の作品で「かのこ」も好きでした~♪(でもこちらは、今は手元にないのですが…申し訳ないです^^;)

先生の他の作品も収録されてるので、ますます本が届くのが楽しみです!!

では、また何かありましたらこちらで質問させて頂くかもしれませんが、今回はお返事不要ですので^^

では、お体に気をつけて素敵な作品描き続けて下さい♪

☆ロールママ&娘より☆

[ 2013/02/21 14:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。