茶木ひろみブログ 雪が降る

ロマンチックで怖くてコメディギャグな茶木作品の紹介です
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

岩 vs とうふ 

さっそく今日、来期の理事会役員を決める集まりがあった。
予想通りの展開になりましたよ~。

私の長年の悩みは、理事会と自治会をいっしょくたにしてるのはおかしいって事なんです。
この街の集合住宅がみんなそうだってことはないんですよ。
理事会と別に自治会がある集合住宅を知ってます。全部を調べたわけじゃないけれど、結構あると思う。
理事会は法律で決められていて所有者の義務で成り立ってるし、自治会は任意、自由参加で成り立ってる。
建て前はね。

そう。でもそれがなかなか。
今日もその質問をした私に、今期の理事長が、頭から決めつけるように
「自治会は必要です」と断言し、そのあとの意見を押さえつけるような態度を取ったんす。
いや。必要かどうかじゃなくて、集合住宅理事会と一緒になってるのがおかしいと言ってるだけで。

その時じゃないけれど、別の話の流れの中で、今期理事長が私に言った。

「ボケてんじゃないよ」ってさ。

失礼じゃないですか、関係ないことおっしゃらないでください。と私冷静に言い返した。
売り言葉に買い言葉はいけないからね。


まあ~あれやこれやあったんだけど、最終的に再び5年前と同じ監事になれましたわ。
そういう風に組織の運営に文句を言えるのは監事の役割なのでね。
でもさ、労働的には楽だけど、本当は難しい仕事です。
何もやらないで済まそうと思えばできるけど、でも何かあった時にはやはり責任重大です。

今期理事長も他の年配男性達も似た考えでした。
頭っからガンとして動かぬ考えをお持ちのようで。
岩です。形としてはそれなりに丸いけれど、性質は岩です。

私はとうふですね。形は四角い。丸くはないです。カドがとれてない。柔らかいけどカドがある。
まあまあで済まされたくない事があるから。
だって私は自治会員じゃないんですよ。その当たり前のことを勝ち取るにも何年もかかった。
入居した時は知らなかったけど、管理費から自治会費が落とされていた。同時に知らぬ間に自治会員ってことなんよ。それは横暴ってもんよ。
それはならないよと決めたのが、自分が監事だった5年前。

組織は曖昧な方がなんでもスムーズにいく、というのはあるだろう。
でもそれをやると、必ず不満を持つ者や、犠牲者が出る。それは弱い者。

そういう存在を無視して動きが流れていく。ベルトコンベヤーのように。

私の家はいつも弱い立場だった。疑問を持つだけの知識もなく、争う時間的余裕もなく、
上に立つ者達が決めた(多くは男性で。女性の立場や母子家庭の気持ちなど分からない)ルールに従って生きてくるしかなかった。
大きな見方をすれば、私の亡き母の人生なども、そういう岩みたいな、柔軟性のない男性ルールに振り回されて来たんだと思う。
男に楯突くな!って声が聞こえてきそう。
確かに女性は社会的に弱い。元々力が弱いから長い長い歴史の中で自然にそうなって行ったんだと思う。
そして子供を離せない。子供を離せるクールさがあれば、母もそれほど苦労しなかっただろうに。
中にはそうでもない女性もいるかもしれないけれど、多くの女性はそうだ。子供を離せない。

大きな組織の中では、そういう弱い存在が無視され、我慢させられる。
でも自治会問題も今はずいぶん気楽にはなってる。いろんな事の強制が減ってきた。
でもとにかく、もともと参加は自由だったんだ。それを知らなかったというのが悲しい。
簡単な問題なのに、岩のような男性達は何か信念があるらしい。
あと市役所ね。市役所がゴミ問題や災害避難時のあれこれを自治会に頼んでるからこうなるんだろう。
自由参加の自治会なのにだ。
災害時、自治会員じゃない者には食糧も与えないというのではないだろうに。
まあね、昔からの流れですよ。ようは人々の体質の問題なのです。
でも私は自分のやることをやります。
岩のようにならなくても生きていけると思うから。
弱い者の視点を私は持っている。ずっとこれからも持ち続ける。


帰る時に今期理事長が私のそばに来られた。何か言ってた。悪い気持ちで言ったんじゃないとかなんとか。

分かっております、ご苦労様でした。と私は返事した。


●「母なる男」発売開始のお知らせです。

Amazonでのご購入は←こちらからどうぞ


●「マダム・ソレイユ」発売開始のお知らせです。

Amazonでのご購入は←こちらからどうぞ


●「銀の鬼11~14巻」発売開始のお知らせです。

Amazonでのご購入は ←こちらからどうぞ



銀の鬼と変な探偵の特集←ここをポチッとして、どうぞ



押してくださると、とてもうれしい

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ミ…様
コメントをありがとうございます。エッ、マダム・ソレイユがもう届けられましたか!早いですねえ、私の所には3月10日予定です。
本当ですか、今の私の描く作品を好きだと言ってくださいますか。
昔の作品のようにすんなりと簡単には読めないのではないかと心配していた私です。

>なるほど、変な探偵や母なる男の根底にある、先生の思いというか、曖昧な残酷さというか、そういうものが詰まった作品だなと思いました。

コメントの一部引用させていただきました。そうですね、愛と信じているものが実はお互いの依存だったり、それはかえって相手を弱くさせることだったりで、正体不明ですよね。奇妙不可解な愛というものをこれからも描いていきますね。
本当に嬉しいです。なんじゃこりゃーーーーー!?って呆れられなくて。



スポンサーサイト
[ 2013/02/24 14:35 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(4)
私の今住んでいる地域には『隣組』なる制度があります。
自治会みたいなもののようです。
古くからすんでおられる方が殆ど。
年に数回の集会に行かないと、
『足無し』という名目で罰金を払わされます。
地区運動会や、ぞうしきさらい(地域の草むしりみたいなものらしい。)などに不参加の場合にもやはり『足無し』。
1000~2000円の罰金です。
何なのでしょうね。
新参者が意見しようものなら、ゴミも出せなくなります(*_*;
地域により様々なしきたりがありますね…

私は意見もできず、『足無し』徴収されてばかりです(x_x)
ボンブグラッセマリードールを食べてみたい。そう四半世紀以上思ってきたAzumaでした(^-^)
[ 2013/02/24 17:47 ] [ 編集 ]
Azuma 様
いやそれはすごいですね。というか、ネットで調べてみても、特に地方ではやはりまだまだそのようですね、厳しいものがあるようですね。法律とかよりもその土地の長老や有力者の考えで動いてるという感じ。
でもそういう場合、無理に戦うと怖いんですよね。いろいろなことになっていくみたい…。
そこでは我慢するか、いっそ出て行くかしかないのでしょうね。

私の家は昔から、生きるためにいろんなところに引っ越ししました。そのせいでしょうね、こんなに好きな事が言えるのも。どこにもしがらみがないので。
こんな人間だから損すること多いです。でもなぜか生きては来れた。もう駄目だと思った時、何かに救われて。すごく不思議だなって感じること多いです。
[ 2013/02/24 18:35 ] [ 編集 ]
私も、引っ越しは多い方ですが、
東京~千葉~埼玉から出られずにいます^_^;
成人してからは、埼玉県内を転々と…
今住んでいるところは、今までに経験がないくらい変わった(?)決まり事の多いところです。
6年になりますが、いまだに馴染めずにいます。
先生のブログに出会ってまだ数日の私が言うのもおこがましいのですが、
私なんかが想像できないくらいの苦労をなさって、それらを乗り越えていらしてる。
それって、たぶんきっと、何か見えない力に守られているんだと思います。
私も、自分自身、そう感じながら生きている部分があります。
30才を過ぎてから、今回の病だけでなく、何度か内臓疾患などで手術入院をしてきて、「死んじゃう~」ってくらいの痛い思いをしたりしたけど、
今も茶木先生にメッセージを送れたり、先生の新しい作品に出会えたり、『生きる糧』に支えられ、生かされてます。
毎回重た~いメッセージでごめんなさい(つд`)
先生、ありがとう!!
今回の『試練』は、先生との出会いで乗り越えられます(*^▽^*)
[ 2013/02/24 19:44 ] [ 編集 ]
>何か見えない力に守られているんだと思います。

それは本当にそう思っています。このブログのどこかにも書いたけど、私は目に見えない存在というか、世界というかがあると信じています。
生きてる人間や生きものだけでこの世があるとは思わないです。
本当にそう感じたことは何度もありましたし、何かが支えてくれた。
歳をとるごとにその思いは強くなってきました。若い頃はもっともっと不安で不安定でした。弱かったです。
でも弱いなりに目一杯のパワーを出して作品を描いて…そして一度力尽きました。
そこからやっと立ち上がったところです。今はね。
あとどれだけの間作品を描くことができるかは分かりませんが、トシなりにゆっくりと大切に描いていきます。
そんな私の作品が少しでも読者の方達の支えになれば本望です。
[ 2013/02/24 21:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
フリーエリア
「母なる男2巻」ご購入は    ↑こちらから   若い男性のサバさんを母と慕う、きゃらさんの笑えて不思議な恋なのです。
プロフィール

茶木ひろみ

Author:茶木ひろみ
ロマンの旅人、謎の漫画家。
↑画像は茶木がモデル!
ではない。  
ロマンチック幻想怪奇「銀の鬼」

美形陸上男子とオリーヴ少女のメロドラマ「絹のヒーロー」   

変人探偵ヨモギ氏が、
現代の闇の謎を解く
華麗なるボケ世界「変な探偵」

探偵に間違えられた男、探偲の
意外な名推理! 「母なる男」


以上が今のところ代表作

フリーエリア
Amazon.co.jp: 茶木 ひろみ: 本ご購入は←こちらから                     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=銀の鬼7~10です 変な探偵ヨモギ氏は、ゆで卵にだって化けられる(…多分…) 若くてカッケー千夜おじちゃんと ロリあんこのオモシロ同居生活 「ごはんだよ!」
フリーエリア
最新作「銀の鬼11~14」ご購入は←こちらから         おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。  異質の鬼、苦しむ鬼、家庭に拘る鬼、島影十年をよろしく!          
フリーエリア
「マダム・ソレイユ」←こちらから おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 二重人格サイコミステリー。   恋の神か、破滅の悪魔か?  謎のソレイユよ…。
フリーエリア
「母なる男」←こちらから    おかげさまで完売致しました。現在在庫切れです。 母なる男、探偲は温かい。だがその眼は、この世のすべてを見透かす冷たい月。
フリーエリア
     銀の鬼・上中下=銀の鬼1~6 銀の鬼目覚め1、2、3=   銀の鬼7~10
フリーエリア
Amazon、Amazonのロゴ、Amazon.co.jp、Amazon.co.jpのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
クリスマスカレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。